投稿

12月, 2016の投稿を表示しています

おすすめ記事

Spring is here! 「春がきた」を表現する

イメージ
以前、完了形は過去形をパワフルにすると書きました。たいていはそうなのですが、同じ完了形の表現を何度も使うと、威力を感じなくなります。中でも、"Spring has come." という表現は「春が来てしまった。」と解釈できるので、手放しで喜びを感じることができません。

今日は春をテーマにしたブログやツイートに使える新しい「春がきた」の英語表現を提案します。

もうすぐ春

Spring is in the air.
これは、まだ春は来ていないけど、風やいろいろな香りから春を感じる、という状態で、日本語の「春の足音が聞こえる」に一番近いと思います。



I believe you と I believe in you の違い

イメージ
Believe in の方が「壮大」
結論から言うと、こういう違いです。

      I believe you.
      あなたの言うことを信じます。
      君がウソを付いていないことはわかっている。

      I believe in you.
      あなたを信じます。
      あなたには絶大の信頼を寄せています。
      君を信用している。

I believe in you は「あなたの全てを信じる」に対し、I believe you 「あなたの言葉を信じる」という意味なので、in が付いたほうがより壮大な印象があります。

例文の見ながら使い分けかたを学んでいきましょう。


「ペアルック」を英語で表現する ~ matchy matchy outfits

イメージ
英語で「ペアルック」にあたる表現はない
アジアではカップルがお揃いの服を着て出かけることはあまり珍しいことではありません。しかし、欧米ではあまり見られないようです。

こちらの動画は米国の二組の若いカップルが韓国から伝わった“Keo-Peul-Look”(カップルルック)に一週間挑戦した様子です。



字幕をオンにするとわかりやすくなりますが、全くセリフが聞き取れなくても2組の戸惑いや周囲の人たちのリアクションから、ペアルックは珍しいということが見て取れます。

私が興味深いと思った場面は:

      (2:44) 「お母さんにお揃いを着せられた双子ちゃん?」とからかわれる、
      (4:38) エレクトリックブルーのシャツを着て地元で食事をしていると、観光客に間違えらる
      (5:46) 「きっと2人は互いを愛し合ってるのだからそっとしてあげよう」というな態度をされる。

こちらのリンクが動画が掲載されたサイトです。:
BuzzfeedThese Couples Wore Matching Outfits For A Week And It Was Adorable AF 記事には「ペアルック」に当たる表現は一つもでてきません。Wearing matching outfits 「おそろいの服を着る」と表現しています。

今のところは「ペアルック」に当たる英語はありません。韓国語の Keo-Peul-Look画像検索したらペアルックが出てきたので、一番伝わりやすいかも知れません。米国だけではなく、世界各国で使われているようです。

(私の記憶ではペアルックの流行は日本の方が先だったので、ちょっと悔しいですが、よしとしましょう。)

「色白」を英語で表現する ~ the fairest of them all

イメージ
英語で肌の色として、white は使わない
      “Magic mirror, on the wall - who is the fairest one of all?”
      壁にかかった魔法の鏡、一番美しい人は誰?

ディズニー映画でおなじみのセリフですが、fairest というのは「美しい」という意味と、「色白」という意味があります。「白雪姫」は色白な姫が主人公なので、多分後者の意味でしょう。

以前 「日焼け」に関する英語表現 ~ Suntan と Sunburn という記事で、「黒」というのは肌の色としては使わないと説明しました。「黒」は人種を表すときに使いました。

同じ様に、白も「白人」という人種を表現するときに使うので、英語では別な言葉で表現しましょう。

「日焼け」に望ましい「黒」と望ましくない「黒」があるように、「色白」にも2種類あります。


望ましい色白 - fair 
白雪姫のような透き通った白い肌は既出の fair や fair-skinned と表現しました。

      She has blonde hair, blue eyes and fair skin.
      彼女は金髪で、眼が青く、肌は白いです。

      I am fair skinned but sometimes I use a darker foundation.
      私は色白ですが、たまに濃い目の色のファウンデーションを付けます。

「(人を)送る」を英語で表現する ~ I'll walk you home.

イメージ
Walk 歩きで送る場合

パターン walk + 目的語1 + (to + 目的語2)

歩いて人を送る時は上記のパターンを使います。目的語1が人物で、目的語2は場所です。

送り届ける場所を表すときは普通 to を付けますが、home (家へ)だけは to を付けません。

      I'll walk you home. It is dark outside.
      家まで(歩いて)送るよ。外は暗い。

      I'll walk you to the door.
      玄関までお送りします。

      They walked me to the bus stop.
      彼らはバス停まで送ってくれた。

      I'll walk you to your car.
      車を停めてある場所まで送るよ。


英語で同意や賛成を表現する ~ That's for sure.

イメージ
英語を学んでいる方に、会話の時の「同意の仕方がわからない」「あいづちの打ち方がわからない」と相談されることがあります。

私は、ただうなずけばいいのではないかと思ってしまいますが、時折、「その通りです!」など強めに同意のことばを言いたい時があるようです。

ということで、今回はいろいろな同意や賛成の表現をお届けします。表現はExpressions for Agreeing and Disagreeing というページでみつけ、説明は私が付け加えました。

「くだけた表現」意外は敬語としても、タメ口としても使えます。

話すときには、緑色の表現を強調するとネイティブなイントネーションになります。

短めな「そうですよね」
単刀直入なこれらの表現を覚えておけば、安心ですね。

Absolutely.
       その通り。

       Exactly.
       その通り。

       That's so true.
       本当にそうです。

That's for sure.
       それは確かです。

No doubt about it.
       疑いの余地がない。(=その通りです。)


年賀状を英語で説明する ~ about Japanese New Year's cards

イメージ
欧米でクリスマスカードを送るように、アジアでは年賀はがきを送りますね。海外の方に年賀状を送るとしても、特に説明は必要ないと思っていたのですが、最近、「年賀状 英語で説明」というキーワードでこのブログにヒットされている方が増えているので、需要があるのだと気づきました。

今回は年賀状のことを説明するために使える表現を集めました。

まず、「風習がある」という表現
まず、「~する風習があります」という表現をご紹介しましょう。
主語 + have + a custom of + ~ing (+目的語)

      Japanese people have a custom of giving cash gifts to children on New Year's day.
      日本(人)にはお正月に子供たちに現金のプレゼントをする風習があります。

「現金のプレゼント」という表現に少々抵抗があるかと思いますが、この後に「お年玉」という表現や、ポチ袋を説明すると分かりやすいでしょう。

It is customary for + 目的語 + to + 動詞の原形 (+目的語)

      It is customary for Japanese people to send New Year's cards.       日本には年賀状を送るという習慣があります。
家族の伝統の話しをする時は、 custom でも tradition でもOKです。「ずっと続いている」ものは現在完了形で、比較的新しいものは現在形で表現します。

It is family tradition to + 動詞の原形 (+目的語)
      It is our family tradition to donate blood at the end of the year.       年末に献血するのが我が家の習慣です。
「風習」ということばを全く使わず現在形で表現しても十分通じます。現在形は繰り返される習慣を表現することに用いられます。
      On New Year's day, Japanese people visit shrines and temples to pray for health and good fortune.       日本人はお正月にお…

不快に思うことを英語で表現する ~ That's my pet peeve.

イメージ
自分Pet peeve を英語で表現しよう!
前回の記事で pet peeve という表現をご紹介しました。Pet peeve は SNS やブログのテーマとして最適ですし、英会話のクラスで取り上げられることもありますし、普段の会話で盛り上がるテーマです。

最近では、英語での面接で聞かれることあるようです。

皆さんも自分の pet peeve が英語で表現できると楽しいと思います。

Pet peeve とはあなたとてもどうしても「イラッ」としたり、「カチッ」したりすることです。一般的に共感されるもの、や pet という呼べるような自分だけのこだわりでもアリです。攻撃性を感じさせない表現なので、受け入れやすいでしょう。


米国人の一般的な pet peeves
The Top Tens というサイトの Pet Peeves にリストアップされた項目のいくつかを見てみましょう。

Mouth Noises/chewing with mouth open 
口の音(-食べるときの音)、口を開けたまま咀嚼する(=音を立てて食べる)

      My pet peeve is people who chew with their mouth open.
      私が不快に思うのはくちゃくちゃと音を立てながら食べる人です。

      It is gross and annoying when people chew with their mouth open.
      口を開けたまま食べると気持ち悪いし、不愉快です。

海外の方は日本人が音を立てて麺をすする音が気になるようですね。音を立てながら食べ物な飲み物をすすることを slurp と言います。

      My pet peeve is people who slurp their soup.
      スープを音を立てながら飲む人が嫌です。


「クリスマスイルミネーション」を英語で表現する ~ my pet peeve

イメージ
あなたの Pet peeve は何?
皆さんはどうしてもだめなことがらってありませんか? トイレットペーパーを「間違った」向きで取り付けられている。ら抜きことば(見れる、出てる等」。自慢話。食事中に鼻をかむ人。待ち合わせに遅刻する人。自分を自分の名前で呼ぶ。 他の人が気にならなくても自分は絶対に無理、と思うことを英語で pet peeve と言います。Peeve は「(人を)イライラさせる」という意味の動詞を名詞として使っています。Pet は自分だけのこだわりなどなので、自分のペットのようなものだということでしょう。
なぜか映画には出てきませんが、Harry Potter の小説に登場する「ピーブス」というポルターガイストを覚えている方も多いでしょう。英語のスペルは Peeves です。
       What is your pet peeve?        あなたがイラッとすることってあんですか?
       My pet peeve is people not washing hands after using the restroom.        私がカチッと来るのは、トイレの後の手を洗わない人。

Pet peeve はブログの記事におすすめのテーマですよ。
私の pet peeve は「クリスマス・イルミネーション」という表現なのです。

12月に日本のテレビやラジオで頻繁に耳にするこの言葉。私の中では「バージンロード」と同じぐらい違和感がある表現です。

関連記事: 不快に思うことを英語で表現する ~ That's my pet peeve.
Christmas illumination よりも Christmas lights がおすすめです
Christmas illumination が間違っているわけではありません。ただ、私の慣れ親しんだアメリカ英語では主流な表現ではないのです。

National Geographic のサイトに世界でもっとも美しい holiday lights が見られる10の都市のリストに載っている10の都市を "Christmas illumination" というキーワードと組み合わせて Google 検索してみました。

すると、検索結果のトップページで illumination が l…