All Will Come to a Happy End の意味

Into The Woods(Amazonで見る)

以前、『「「ハッピーエンド」って下ネタに聞こえます』 という記事を書きましたが、最近テレビで流れる映画のコマーシャルの音声を聞いて、happy end について再度記事にしなければならないと思いました。



ディズニー映画 Into the Woods のキャッチフレーズは

  All Will Come to a Happy End

です。「米国でもhappy end を使うじゃないか!?」と思われたフォロワーがいらしゃったかもしれません。

しかしここでの happy end と映画の結末の happy ending とは少々意味が違います。


Ending は物語などの「結末」で、end は物事の「最期」「終止」という意味です。


まず、英語のことわざをお読みください:

  All good things come to an end.
  すべての良いことには終りがある。

映画のキャッチフレーズは上記のことわざをもじったのでしょう:

  All will come to a happy end.
  すべての出来事は幸せな結末を迎える。

ここでの happy end が映画の中の出来事の終わりのことを言っているのに比べ、happy ending は映画自体の終わりのことを言っています。

これからも小説、ドラマ、映画の幸福な結末は happy ending を呼びましょう。

  I hope that movie has a happy ending.
  この映画はハッピーエンドだといいな。


関連記事: 「ハッピーエンド」ってシモネタに聞こえます

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

コメント

このブログの人気の投稿

英語名に付いている Jr. (ジュニア)の意味