2016年5月29日日曜日

英語名の「・」はなに? ~ ジョニー・デップ


Johnny Depp

カタカナ名前の「・」は何のため?


名前をローマ字表記する時に、名前と苗字の間に黒い点 ・を入れてしまう人を時々見かけます。こんな感じです:

  Hanako・Yamada
  花子 山田

これは多分海外の有名人の名前をカタカナ表記されるときに、名前と苗字の間に・が入っているからでしょう。たとえば、:

  ジョニー・デップ
  Johnny Depp

「ジョニー」のように日本でよく知られている名前なら問題ないのですが、

  ベネディクトカンバーバッチ

のような名前は初めて見た時には、どこまでがファーストネームで、どこからが苗字なのかがわかりにくいですよね。私は英語名のカタカナ表記は大丈夫ですが、

  プリヤンカーチョープラー

のようにその他の原語の人名は区切りがわかりません。

ベネディクト・カンバーバッチ
Benedict Cumberbatch

プリヤンカー・チョープラー
Priyanka Chopra
・ をいれることで、名前と苗字の区切りがわかりやすくなります。

日本語の名前をローマ字表記する


日本人の名前をローマ字表記するときに ・ は不要です。名前と苗字の間にスペースを入れることで、・の役割を果たします。

上記の「山田花子」という名前は

  Hanako Yamada

と書きます。スペースが開いているので・は不要です。


2016年5月28日土曜日

ポジティブではない英語の形容詞 ~ I'm going stir crazy.

アイルランドのダブリンにある刑務所

「ハッピー」ではない形容詞


今回はちょっとネガティブな感情の英語表現を見てみましょう。

感情に付ける動詞は次の通り:

  • be 動詞 Am, was, will be などそれぞれ「 ~ である」「 ~ だった」「 ~ になる」
  • get Am getting, gets, など「(徐々に) ~ になる 」
  • become は get とほぼおなじ意味ですが、get の方が口語的です
  • feel 「感じる」という意味
今回登場する表現は少見出しに英和辞書へのリンクを貼ってあります。偶然ですが、これらの表現は辞書のページのしたの方までスクロールしないと私がご紹介した意味がでてきません。普段、英和辞書を調べても意味がわからない時は下の方へ「掘り下げる」ことをお勧めします。

辞書の定義の下の方にあるために中々日本で広まっていないような気がするので、使える日本人はカッコイイと思います。

そのままでネガティブな形容詞

まず、原形でネガティブな形容詞を見てみましょう。ここでの「ネガティブ」は「ハッピーではない」という意味で捉えてください。

stir crazy ずっと家にいてイライラしている


Stir はイギリス系のスラングで、「刑務所」という意味だそうです。Stir-crazy とは「長い間収監されていて、頭がおかしくなる」という意味ですが、日常生活では、「ずっと出かけられなくてイライラしている」という意味で使われます。アウトドア派の人が陥りやすい状況かもしれません。

  I was home all weekend doing my homework. I got stir crazy.
  週末はずっと家で宿題をしていたので、イライラした。

  He goes stir crazy during typhoons.
  彼は台風の出かけられないのでイラついてしまう。

Go stir crazy の go は「(精神異常)になる」、「(異常な行動や状況)に走る」という意味に使われます。Go wild, go rampant など。

2016年5月21日土曜日

再帰代名詞を活用しよう ~ I made it myself.

Talking to myself.

再帰代名詞というと難しく聞こえますが I, you, they などの代名詞を強調するための代名詞だと考えるといいでしょう。英語では reflexive pronouns と言いますが、reflexive というのは「反射的」という意味があり、自らを省みる時の表現んとしても使われる代名詞です。

今回は難しいこと抜きで、-self 代名詞の使い方を紹介します。

by himself 自発性、自立、孤独を強調する


「~だけで」、と言いたい時に使います。自慢話をするとき、寂しさを伝えたい時など。

While my husband was in the hospital, my kids had dinner by themselves.
主人が入院していた間、子どもたちで自分だちだけで夕食を食べていた。

She doesn't mind dining out by herself.
彼女は一人で外食することが全然平気だって。

I built this shelf all by myself.
これ、自分一人で組み立てた。

The students  planned this event by themselves..
生徒たちだけでこのイベントを計画しました。

All を付け加えると、自立心、誇り高さ、寂しさ、心細さなどが増します。

Mercer Mayer の All By Myself という絵本では、主人公のリトル・クリッターが一人でできたことを自慢します。日本語の「一人で(でききるもん)」と同じような意味です。

2016年5月18日水曜日

I don't really と I really don't は意味がちがう

I really can't help you.

否定の助動詞の前と後で意味が変わるreally


昨夜、友人にメールを書いているときに気づいたのですが、 really という単語は否定の助動詞 (isn't, can't, don't, haven't など) の位置によって、センテンスの意味が違います。

たとえば、I don't like it. (好きではありません。)を見てみましょう。否定の助動詞の前に really を置くと、「本当に」という意味になります。「マジで」と訳すこともできます。

  I really don't like it.
  本当に嫌いなんです。

Really を否定の助動詞の後に持ってくると、少し和らいだ表現になります。

  I don't really like it.
  あまり好きではありません。

2016年5月17日火曜日

Twitter に関する英語表現



私はTwitter の@MsDiary0810というアカウントで主に、このブログの更新の告知をしています。Twitter でこのブログを知った方は少なく無いと思います。今回は Twitter に関する用語や表現をご紹介します。

Pixabay

Twitter について


Twitter という言葉は「(鳥の)さえずり」という意味です。日本ではTwitter に投稿すること「つぶやく」と言いますが、英語では Tweet (ツイート)「さえずる」と言います。

なぜ Twitter とい名前になったか調べたら、 Why is it called Twitter? (Rewind and Capture)という記事をみつけました。もともとは「つぶやき」は「状況」という意味の status だったのですが、創始者の Jack Dorseyが辞書でもっといい名前がないか調べたみたら、twitter という言葉には「さえずり」という意味の他に、
a short burst of inconsequential information
取るに足らない情報の短いバースト(爆発)
という意味があると知って、 がサイトに名前に最適だと思ったそうです。

ロゴの鳥には Larry the Bird という名前が付いているようです。理由はTwitter の共同開発者の Biz Stone がNBAの選手 Larry Bird のファンだったから。


2016年5月14日土曜日

お散歩に関する表現 ~ Let's go for a walk.


今回は「お散歩に行く、お散歩する」という表現を紹介します。お散歩自体は walk という名詞です。動詞は take か go for と組み合わせます。

「お散歩する」は take a walk


Take a walk という表現はちょっと覚えにくいかもしれません。どうして take なのでしょう?

Merriam-Webster Dictionary の take の項目の24 にこの使い方が出てきます。

24,〔行為・動作〕((行為・動作を含意する名詞を伴って))(主体的に)…する(「取り込み」のイメージから主体性が連想される)

こ項目の例文の目的語には他に、

  • action 方策
  • reading 読み取り(測定)
  • lead (試合などの)リード
  • picture 写真

2016年5月12日木曜日

Point の正しい使い方のポイント

Get the point?

日本人が使う「ポイント」の意味は?


このブログには「英語でどういう?」や「外来語」というラベルを貼った記事がありますが、これらのほとんどは、英語に訳すときに困った表現です。日本語で聞くとそれほど違和感のない表現でも、英語に訳す時に「えっ?これってどういう意味なんだろう?」と迷ってしまいます。

先日、ハウツー関連の文章の翻訳を依頼された時、「ポイント」という言葉が何度も出てきました。(実際の依頼文ではありません。)

  「ここはポイントです。」
  「家でゆっくりとはじめられるのはポイントですね。」
  「直角に持つのがポイントです。」
  
それほど長くない文章でしたが、一つ一つの「ポイント」の意味を理解するのにかなりの時間がかかりました。

この「ポイント」という言葉は、テレビを見ていると、料理、DIY、手芸、園芸の番組にもよく出てくるので、見ている内に徐々に、「ポイント」の意味がわかってきました。

2016年5月10日火曜日

The が必要ない目的地 ~ He went to work.




I am at school. 自分の居所を伝える。 という記事で、自分の居所を言うときに自宅、学校、職場には the が必要ないと説明しました。The が付かない場合は主語が属している場所だとわかります。自分の住む家、働いている職場、通っている学校など。

  I am at school.
  私は学校にいます。

  He is at work.
  彼は職場にいます。

  They are at home.
  彼らは家にいます。

「The が必要ない」ルールは居所にかぎらず、目的地や出発点の場合にも適応します。

2016年5月7日土曜日

「車を運転する」という表現 ~ I drove my car all night

I'm driving my dad's car today.


Drive my car と言ってはいけないのか?


以前の記事、「車で来た」 を英語で表現する ~ I drove here from Nagano. で、車での移動の話をするとき、drive だけで十分なので、my car は必要ないとお話しました。

かと言って、drive my car という表現が間違っているわけではなりません。

ビートルズの Drive My Car というタイトルの曲はあまりにも有名ですね。


2016年5月5日木曜日

Bargain と Sale の違い ~ I bought it at a sale.



バーゲンは「特売」という意味ではない


I bought it at a bargain.

という表現は英語的に正しいですが、日本人が考えるものとは意味が違います。

Bargain を辞書で調べると大きく二つの意味があります:

  1. 売買契約,取引; 協定,約束.
  2. 安い買い物; 特価品
ですので、冒頭のセンテンスはこういう意味になります。

  I bought it at a bargain.
  特価品を買いました。(=お手頃価格で買いました。)

Bargain とは、「特売」や「セール」という意味ではありません。Google 画像検索すると、「~バーゲン」という見出しが踊っていますがこのような表現は英語では通用しません。

「サマーバーゲン」を英語表記で Summer Bargain と書くと、「夏の特売品」という意味になります。

2016年5月2日月曜日

一着でも複数形 ~ a pair of jeans


単数なのに復数形の名詞


英語では、「二股」、「一対の部品でできたもの」の中には複数形で呼び、単数形がないこと場合があります。

二股のもの:

足を入れて履く服はほとんどが複数形です。

  pants パンツ、ズボン
  jeans ジーンズ
  shorts ショーツ
  culottes キューロット
  bottoms ボトムズ