投稿

10月, 2016の投稿を表示しています

おすすめ記事

Spring is here! 「春がきた」を表現する

イメージ
以前、完了形は過去形をパワフルにすると書きました。たいていはそうなのですが、同じ完了形の表現を何度も使うと、威力を感じなくなります。中でも、"Spring has come." という表現は「春が来てしまった。」と解釈できるので、手放しで喜びを感じることができません。

今日は春をテーマにしたブログやツイートに使える新しい「春がきた」の英語表現を提案します。

もうすぐ春

Spring is in the air.
これは、まだ春は来ていないけど、風やいろいろな香りから春を感じる、という状態で、日本語の「春の足音が聞こえる」に一番近いと思います。



「町を案内する」を英語でどういう?

イメージ
Guide とはあまり使いません
「遠くに住んでいる友達が遊びに来て、町を案内しました」と言いたい時、同表現したらいいでしょう。

「案内」を和英辞書で調べると、guide が出てきますが、日常会話で動詞の guide 「導く、指導する」という意味があるので、あまり「町を案内する」と意味では使われません。

ネイティブの人が良く使う「町を案内する」を自然な英語で表現する方法を紹介しましょう。

魚に関するイディオム ~ Plenty of fish in the sea.

イメージ
今回は魚に関するちょっと笑えるイディオムをご紹介します。


a fish out of water 不慣れな場所にいる人
Fish out of water は日本語の「陸に上がった河童」と同じく「自分に適した環境から離れたときに、力を発揮できず無能になること」という意味で、「水を得た魚」の対義語です。不得意な仕事を命じられた時、異慣れない場所へ行った時、など。

      He felt like a fish out of water when he met his girlfriend's parents.
      恋人の両親に会った時、彼は陸に上がった河童のようだった。

      I play a lot of tennis but I am like a fish out of water at the basketball court.
      テニスはよくやりますが、バスケットボールのコードの上では陸に上がった河童です。

Fish out of the water と同じのな状況を out of one's comfort zone.と言います。


「偶然町で友たちに会った」と英語で回想する

イメージ
過去の記事で「(人に)ばったりと会う」は bump into や run into が一般的だと書きました。平和を愛する日本人にとって、これらの句動詞は「衝突」を連想して、違和感を抱くかと思いますが、come across よりはおすすめです。Come across は物や「人材」に対して使う表現です。
さて、今回はその「ばったりと会った」というエピソードを英語日記やSNSに書く時に役立つ表現をご消化します。
書き出し Guess What!
英文を書くときに、書き出しが思いつかなくて諦めてしまうことはありませんか?英語の会話の切り出し ~ You know what? という記事で、 Guess what!を紹介しましたが、これはクイズのように「当ててごらん。」という意味ではなく、「ねぇねぇ、聞いて!」というように、びっくりしたことや意外なことが起きたことを話す前の便利な前置きや書き出しに使えます。
知人向けのメールや、Facebookにおすすめです。
      Guess what! I just bumped into Mr. Saito, my high school PE teacher!       ねぇねぇ、聞いて!さっき高校の体育の先生の斎藤先生に会ったよ!
      Guess who I bumped into at the mall! I ran into the vocal singer of Radwimp.       ショッピングモールで誰に会ったと思う?Radwimp のボーカルの人。
      You'll never guess who I ran into today! My childhood friend Katsumi. He's a nurse at the hospital in Aichi.       意外な人に会ったよ。幼馴染のカツミくん。今愛知県の病院でナースをしているんだって。
厳密に言うと、 Guess whom… が正しいのですが、ちょっと堅苦しい印象があります。
「久しぶりだね」を表現する
以前の記事でもご説明しましたが、「久しぶり」と同じ表現はありません。「ばったり会った」ストーリで「久しぶりだね!」というような会話を書く場合、次のような表現はいかがでしょう。
      A: …

町で見かけるもの英語でどういう? ~ Parking Garage

イメージ
翻訳のお仕事をしていると、「あれ?これは英語で何ていうんだっけ?」と思うものが出てくることがあります。私の場合、「立体駐車場」でした。実は、日本語でしか知らない言葉や英語でしか知らないことって以外と多いのです。翻訳するときに改めて調べています。

今日は街を歩いている時や運転中に見かけるものの英語名をご紹介します。


立体駐車場 parking garage
日常会話では「立体駐車場」は parking garage と表現するといいでしょう。「立体」ということを強調しなければならない場合 multistory を付け加えて、 multistory parking garage と表現してもいいですが、日常会話ではちょっと長すぎますね。
      My car is at the parking garage next to the shopping center.       私の車はショッピングセンターの隣の立体駐車場に(停めて)ある。

      Our new facilities boast a 24-hr cafeteria for employees and a multistory parking garage.       当社の新社屋は24時間の社員食堂と立体駐車場を誇っています。

駐車場がない、もしくは、限られているレストラン、劇場、オフィスビル等は最寄りの駐車場と提携して無料や低価格で駐車スペースを提供する場合があります。英語ではこういった駐車スペースのことを validated parking と言います。

      当レストランではお客様へ近隣の立体駐車場での無料駐車券を提供しております。       Our restaurant offers validated parking at a local parking garage.


Come で始まる句動詞 (1) ~ My daughter came down with a cold.

イメージ
句動詞は2週類あります。Come down (下の方に来る)の様に一つ一つの単語を直訳すれば意味がわかるものと、Come down with ように直訳しても意味がわからないものです。今回は後者のタイプの句動詞をご紹介します。

辞書を調べても下の方に出てくることが多いこれらの句動詞ですが実は日常英語は頻繁に使われています。

各項目の最後にはWeblioへのリンクがあります。

come up ~ (ことが)起きる
この意味での come up は日常会話では、主語は something (なにか)と組み合わされます。Something came up は「急用ができて」「都合が悪くなった」と言う意味で、オールマイティーな断りのフレーズです。

    Something came up and I can't go bowling tonight.
    急用ができて、今夜ボウリングへいけなくなったわ。

    Sorry, something came up. I'll have to reschedule.
    すみません。都合が悪くなったので、別な日に予約を入れます。

こういうこともありますよね。


Come up  8.〈ことが〉起こる, 生じる; 流行する.


運転免許証に関する英語表現 ~ She just got her driver's license!

イメージ
今回は運転免許に関する表現をご紹介します。


「運転免許」は driver's license
米国英語で運転免許を driver's license といいます。「免許を習得した」「免許証を携帯している」という話題の場合は、my などの所有格を付けます。

    I got my driver's license today.     今日、運転免許を取りました。

    She just got her driver's license!     たった今、彼女を運転免許を取得しました!

    May I see your driver's license, sir/ma'am?
    免許免許証を見せていただけますか?

    Here's my driver's license.
    免許証です。

    Sorry, I don't have my driver's license with me.
    すみません、免許証を携帯していません。(忘れました。)