2017年1月31日火曜日

Come で始まる句動詞 (2) ~ Has he come around yet?

I knew the Lifeboat Service will come through.

今回は、「Come で始まる句動詞 (1) ~ My daughter came down with a cold.」に引き続き、come の句動詞をご紹介します。句動詞には二種類あって、動詞と前置詞の意味がわかれば、句動詞の意味が想像付くものと、想像付かないものです。このブログではもっぱら、後者を取り上げています。

各項目の最後に weblio辞書へのリンクがありますので、ぜひご確認ください。ページの下の方までスクロールすれば見つけることができます。

come through 〔必要とするものを〕提供する, 手渡す.


2017年1月24日火曜日

学校に関する色々な印刷物を英語で表現する ~ class newsletter




日本では諸々の学校の印刷物は「プリント」と表現しますが、大変便利な表現だと思います。しかし、英語では用途によって呼び方が色々と違うのでいくつか紹介します。


worksheet 宿題、課題のプリント


一般的な「プリント」は、授業中に取り組む課題や、家で持ち帰ってやる宿題のことを worksheet と呼びます。

      Don't forget to write your name on your worksheet before you turn it in.
      提出する前に、プリントに名前を書いてください。

pop quiz 小テスト、豆テスト


小テスト、豆テストのことを pop quiz といいます。Pop という単語には「予告もなく」という意味が含まれています。主に其日の授業をどれだけ理解しているかの、力試しや、先生が理解度を確認するために用います。

Pop quiz は印刷されたものの他に、生徒が持参した note pad (レポート用紙) に名前と番号を振って、黒板に書かれた問題の答えだけを書くタイプもあります。

      Put away your books. It's time for a pop quiz.
      教科書を片付けてください。豆テストをします。

      Pop quiz. Take out a piece of paper and a pencil.
      小テストです。紙と鉛筆を用意してください。

test paper/exam paper テスト用紙


Test paper と exam paper はほぼ同じ意味で使われることがありますが、普通test は pop quiz よりも成績に影響があり、授業の節目に行われ、exam は学期末に行われる、もっとも重要なテストです。

      Please keep your test papers face down until you are told to begin.
      (始めるという)合図をするまで、テスト用紙は机に伏せておいて下さい。

      Turn over your exam paper and begin.
      試験用紙を裏返して、初めてください。

class newsletter 学級通信


Newsletter というは堅苦しく聞こえるかもしれませんが、news は「報道」ではなく、「お知らせ」という意味です。学級の「お知らせ」が載っている「お手紙」とご理解ください。

      I'm passing out this month's newsletter.
      今月の学級通信を配ります。

こちらで英語の newsletter のテンプレートをダウンロードできます。日本語の学級通信を作成するヒントになるかもしれません:

      Class Newsletter の無料テンプレート

school bulletin 学校要覧


学校要覧は通常、入学前に請求して、郵送されるものですが、最近外国の学校は印刷したものを廃止して、公式法務ページで閲覧するか、ファイルをダウンロードしてもらう方法を取っている学校が増えています。

      Please download our school bulletin from our website.
      学校要覧は(公式)ホームページでダウンロードして下さい。


画像のソース:
Mommy and Things | Free School Printable 
Texture X 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017年1月15日日曜日

「2017年」、月の名前を英語で発音する ~ 「ジェーヌエーリー」


2017 をスムーズに発音しよう


2017年は英語で、

      twenty-seventeen
      トゥウェ二ー・セヴェンティーン

と発音すれば、一度で伝わります。文字が大きくなっている部分を強調します。

もちろん、 20 の語尾を「ニー」ではなく、「ティー」ときっちり発音したいのであれば、

      twenty-seventeen
      トゥウェンティー・セヴェンティーン

と言います。


2017年1月12日木曜日

エセンシャルな象さん関連イディオム ~ elephant in the room


今回はゾウさんに関するエセンシャルなイディオムを紹介します。日常会話だけではなく、ニュースやソーシャルメディア(SNS)にもよく登場するので、意味を知っておくと便利です。

タイトルの、「エセンシャル」の表記が気になりますでしょうか?日本では「エッセンシャル」と書くのが一般的ですが、エセンシャルの方がネイティブの発音に近いです。厳密に言うと、「イーセンシャル」が最も近くて、伝わりやすいのですが。

Elephant in the room 気になっていても話題にできない事柄


Weblio を調べると、「皆その問題を認識しているが、あえて触れようとしない」事柄と書いてあります。

ロシアの劇作家・文学者イヴァン・クルィロフ、博物館へ行った男た細かい物ばかりに注目して、像がいることに気づかなかったという寓話が語源よう脳です。

2017年1月9日月曜日

「迎えに行く」を英語で表現する ~ I'll come pick you up at six.



空港や駅へ人を迎えに行くときには、で迎えに行く場合と車無しで出迎えに行く場合があります。

これまでの当ブログの流れから考えたら、車で行く場合でも by car は使わないことは想像がつくかと思います。

というか、現代英語ではあまり by car とは言いません。

さて、サブタイトルの I'll come pick you up at six. は「車あり」「車なし」のどちらでしょう?


2017年1月4日水曜日

New Year's Resolution よりも Bucket List を!(レッスンプラン)

英語授業の新年の課題


この記事は英語を教えておられる先生方への提案です。

「新年の抱負を英語で書く」というのが1月の定番の授業の一つではないしょうか。

しかし、生徒にとってはとても難しい授業だと思います。何を書いていいのかわからないし、それを英語で書かなければならないというストレスもあります。

私が提案したいのは、「今年の抱負」ではなく、「今年やりたいこと」の課題です。「抱負」は should であるのに対して、「やりたいこと」は want な表現です。生徒たちは具体的なアイディアが浮かびやすいと思います。


2017年1月1日日曜日

2017年 ~ 新年のあいさつ from Ms. Diary




新年明けましておめでとうございます。

2016年はこのブログにたくさんのアクセスいただき、ありがとうございました。

皆様にとって2017年が素晴らしい年になりますようね。

このブログ共々、どうぞ、よろしくおねがいします。


この年賀状の素材


背景はいつもお世話になっている pexels.com でみつけました。


中央の鳥の画像は pinterest で見つけたものを加工しました。


私はフォトショップを持っていませんし、あっても使えません。画像の加工はPicasa3irfan view の無料ソフトの他にJust Systems ホームページ・ビルダ17ーというソフトの画像処理アプリ「ウェブアートデザイナー」です。現在はバージョンはホームページビルダー21で、画像処理のアプリは「イメージデザイナー」といい、プロ並みの画像がデザインできるようですので、詳細は、公式サイトをチェックしてみてください。

私のレベルでは古いバージョンで大丈夫です。