投稿

8月, 2015の投稿を表示しています

おすすめ記事

Spring is here! 「春がきた」を表現する

イメージ
以前、完了形は過去形をパワフルにすると書きました。たいていはそうなのですが、同じ完了形の表現を何度も使うと、威力を感じなくなります。中でも、"Spring has come." という表現は「春が来てしまった。」と解釈できるので、手放しで喜びを感じることができません。

今日は春をテーマにしたブログやツイートに使える新しい「春がきた」の英語表現を提案します。

もうすぐ春

Spring is in the air.
これは、まだ春は来ていないけど、風やいろいろな香りから春を感じる、という状態で、日本語の「春の足音が聞こえる」に一番近いと思います。



動詞形の Miss で寂しさを表現する ~ I miss you already.

イメージ
シンプルな単語に含まれた色々な感情
日本語には Miss と同じように、喪失感、遺憾(または寂しさ)、憂い、懐かしさを一言で表現はないと思います。日本にない言葉を英語で表現するのは以外に難しいので今日は例文を見ながら使い方を学びましょう。

今回紹介するのは次のような表現です:

別れの場面で旅立つ人が、または残された人が良く使う表現失う人や物を懐かしむ表現懐かしい日常の行為を表現する

英語日記入門編(4) 

いろいろなテーマで書いてみよう

イメージ
英語日記の課題のねらい
私が英語講師だったころ、週一回の英語日記の課題を出すと生徒さんはこういうことを言いました。

何を書いていいかわからない。毎週同じだから書くことがない。つまらないことしか思いつかない。
日記を書くことだけでも大変なのに、英語で書かなければならないので、「書けない」と思うのも理解できます。
先生が英語日記の課題を出すねらいはなんでしょう?私はこういう理由だと思います: これまでま学んだ英単語や文法のを活かして、簡単な英文を書く練習。英語とコミュニケーションを関連付ける。(英語を勉強するのは受験のためだけではない。)発想力を育てる。
こういう目的ではないと思います。:
  x 優れた文章を書かせる。
  x 一日の報告をさせる。
  x 実力以上の英文を期待する。

等身大のあなたの思いを綴れば、良い日記になるはずです。

この記事では英語日記に書ける「一日のできごと」以外のテーマ、書き出しと、末尾 の例文をリストアップします。最初と最後を決めてから、結論に向かって英文を書き加えると、まとまりのある英文になります。

子供の頃の思い出
塾通い、部活、受験勉強などで、毎日似たようにを過ごしていると、「私の一日」的な日記を書くのは難しいでしょう。思い出話を書くのはいかがでしょう。

書き出し

  Grandpa used to take me bowling when I was in grade school.
  私が小学生の頃、じいちゃんがボウリングに連れて行ってくれました。

Used to + 動詞の原型の組み合わせは以前はしていたけど、今はしないことを表現するときに使います。

末尾

  Grandpa died in 2011. I miss him very much.
   じいちゃんは、2011年に亡くなりました。とてもさみしいです。

Miss + 目的語 は「~に会えなくて寂しい」という意味です。

日記の内容は、どのボウリング場へ行っていたのか、じいちゃんや自分のスコア、ボウリング後の楽しみ(アイスを食べる等)を書いて、楽しさや、なつかしさを表現しましょう。

好きな料理
好きな料理について書いてみましょう。和食は料理名や材料を英語にするのが大変なので、洋食の方が書きやすいと思います。

書き出し

My favorite food is ham an…

夏休みの 英語日記に役立つ記事のまとめ ~ my summer diary

イメージ
夏休みの課題の中に英語日記を書く、というのがあるみたいです。もしかしたらお役に立つかもしれない記事をまとめてみました。

「英語日記入門」は一つの日記を3回に分けて少しずつ「グレードアップ」していくものです。英語が苦手な方は最初の「起きた順に書く」だけを参考にしても、良い日記を書くことができます。


「日焼け」に関する英語表現 ~ Suntan と Sunburn

イメージ
英語で日焼けの色は「黒」ではありません
「日焼けして真っ黒になった」を英語に直訳すると、かなり差別的な表現になるので気を付けましょう。米国では、black(黒), white(白), brown(茶色)などは人種の違いを表す時に使われます。

日本でいう「日焼け」は英語では二通りあります。Tan は好ましいの小麦色の日焼です。肌が痛々しい赤く焼けたときは sunburn (太陽のやけど)といいます。


小麦色の肌 Tan
Tan は色の名前のほかに、「肌を焼く」という意味の動詞としても使えます。Suntan ということもあります。例文を見てみましょう。: