2015年3月19日木曜日

Sacrifice(犠牲)の正しい使い方を知ろう☆

My parents made great sacrifices for me.

先日、英作文の添削を依頼されました。ほとんど直すところはなかったのですが、とても気になるミスがひとつありました。

  (先の沖縄戦では)たくさんの尊い命が失われました。

と言いたかったのでしょうが、

  ×(During the Battle of Okinawa)countless lives were sacrificed.

と表現してありました。

Sacrifice というのは「いけにえにする」という意味があるので、上のような文章は不適切で誤解を招きます。


実はこのようなsacrificeの使われ方は過去に何度か日本の英字新聞などで見たことがあります。

上のセンテンスは次の通りに添削しました:

  ○(During the Battle of Okinawa)countless lives were lost.

野球の「送りバント」は英語で sacrifice bunt、「犠牲フライ」は直訳の sacrifice fly と言います。Sacrifice は「いけにえ」の他に、「自己犠牲」という意味で使えます。

  My mom sacrificed her career to take care of us.
  母は仕事を犠牲にして(=仕事をやめて)、私達の世話をしてくれた。

  My parents made some sacrifices to send me to college,
  両親は自己犠牲をして(=とても苦労をして)、ぼくを大学へ行かせてくれた。

  Sometimes, you have to sacrifice friendship to get a promotion.
  昇進するため時に友情を犠牲にしなければならない。

  She would sacrifice comfort for fashion.
  彼女はファッションのためには着心地を犠牲にすることがあるだろう。

Sacrificeというのは自ら望んで犠牲になることに使えば問題ありません。他人の命をsacrifice するという表現はホラーになってしまいます。

Photo by ontzy


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...