2015年6月15日月曜日

2ワード疑問文 

Who, me?

Astonished little girl.
Who, me?


日常会話でよく使われる2ワードだけの疑問文、題3弾です。

Why me?なんで私?


Why is it me? の略です。ポジティブな意味でもネガティブな意味でも、「なんで私なの?」という意味です。

  A: Mark, go help your dad in the yard.
  B: Why me?
  A: マーク、お庭でお父さんの手伝いをしてきなさい。
  B: なんで僕(だけ)?

  A: Marie, you were chosen as the soloist for this song.
  B: Oh my god! Why me?
  A: マリー、あなたがこの曲のソロイストして選ばれました。
  B: えっ!?なんで私が?


Who, me? えっ?私が?


「君は魔法使いだよ」と言われたら、「えっ?僕が?」と少年は驚いたかもしれません。


  A: You're a wizard.
  B: Who, me?

他に、「私のことですか?」という意味でも使えます。

  A: Excuse me. You dropped your wallet.
  B: Who, me?
  A: すみません。財布を落としましたよ。
  B: 私ですか?

And you? で、あなたは?


これは一人の人が複数に同じ質問をするときによく使われます。先生と複数の生徒、ウェイトレスと数人で来店した客など。目上の人には And you, sir? And you, ma'm? と聞けば失礼になりません。

How about you?と同じ意味で使えます。

  Mike: I want to go for some pizza!
  Mom: And you, Alice?
  マイク: 僕、ピザを食べに行きたい。
  母親; アリス、あなたは(どうしたい)?

  Woman: I would like to start off with a glass of red wine.
  Server:  And you, sir?
  女性: まずは赤ワインを一杯いただきたいわ。
  ウェイター: (男性に)お客様は(なんになさいますか)?


Too big? 大きすぎる?


Is this too big? と同じ意味。色々な服を試着しているに、何度もフィット感を確認するときには too + 形容詞だけで十分に伝わります。

  A: Too big?
  B: No, too expensive.
  A: 大きすぎるの?
  B: いや、高すぎる。

  A: How is the soup? Too hot?
  B: No, it's just right.
  A: スープはどう?熱すぎる?
  B: いや、ちょうどいいよ。


That's it? それだけ?/それでいいの?


Onlyという単語は使いません。ポジティブな意味では、「それだけいいの?」。

  A: Just sign here and the car is yours.
  B:  That's it?
  A: ここにサインしていただければ、車はあなたのものです。
  B: えっ?それでいいの?

ネガティブな意味では「それだけ?」「そんなもん?」

  A: Congratulations! You win a trophy and a box of school supplies.
  B: That's it?
  A: おめでとうございます。賞品はトロフィーと文房具のセットです。
  B: そんだけ?

  A: We had dinner, went to a movie and he drove me home.
  B: That's it?
  A: ディナーを食べて、映画を観て、そして彼が家まで車で送ってくれた。
  B: それだけ?


Anything else? 他になにか?


Is there anything else? の略です。これまで話してきて、他に言いたいことがあるか確認する時に使います。店内アンケートの一例:

  A.  Anything else?
  B. Yes, I thought that the salesperson was very courteous.
  A: 他に(お気づきのこと)はありますか?
  B: はい、店員の方がとても礼儀正しいと思いました。



0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...