2016年3月4日金曜日

めっちゃ否定文な感謝の言葉 ~ I can't thank you enough.



卒業、進学、就職のシーズンが近づいています。今回は英語の感謝の言葉をご紹介しようと思います。スピーチ、メール、SNSなどにお役立てください。

不思議なことにポピュラーな英語の感謝の言葉には、否定文のものが多いです。日本人とはちょっと違う感覚なので、とても興味深いと思います。


I can't thank you enough. 十分感謝できません。


I can't thank you enough. は enough がキーワード。「どんなに感謝して十分ではりせん。」という意味になります。

  Mr. Tang, you have guided me throughout my senior year with love and patience.
  タン先生は私が3年生の間、愛情と忍耐で導いてくれました。
  I can't thank enough for all you have done for me.
  先生がしてくれたことにどんなに感謝を述べてもたりません。

  My parents made great sacrifices for me. I cannot thank them enough.
  両親は私のために多くの犠牲をはらってくれました。とても感謝しています。



Just saying thank you will never repay your kindness.


「お礼を言うだけではあなたへのお返しできません。」これも十分感謝できないのパターンです。私のつたない翻訳では伝わりにくいと思いますが、とても上品で優しい表現です。

  What can I say? Just saying thank you will never repay your kindness.
  何と言えばいいでしょう。御礼の言葉だけでは、あなたの優しさへのお返しができません。
  

Words can't describe how thankful I am. 感謝のことばが見つかりません。


「私の感謝の気持ちを表現できる言葉はありません。」という意味。"I can't thank you enough," の別パターンです。好きな方を選んでください。

  I was blessed with the most wonderful staff. Words can't describe how thankful I am.
  とても素晴らしい部下に恵まれました。(私の気持ちを表現できる)感謝のことばが見つかりません。


I couldn't have done it without you. 貴方なしではできませんでした。


さり気なく相手に感謝をしながら、褒めているこの表現は、気に入っています。動詞の done は graduated, won, succeeded など、適切な動詞に変えましょう。

  I accept this award on behalf of my team. I couldn't have succeeded without them.
  チームの代表として、この賞を受取ます。彼らの協力がなければ、達成できなかったでしょう。

  Mary: Congratulations, Bob.
  Bob: Thanks, Mary. I couldn't have gotten this promotion without you.
  メリー: ボブ、おめでとう。
  ボブ: ありがとう、メリー。君なしでは昇進を手に入れることはできなかったよ。
  

I couldn't ask for a better boss. 貴方以上の上司はいないでしょう。


「今後あなた以上の上司は求めても出会えないでしょう」。という表現。その上司が最上級だということです。この表現では対象を boss から、staff や team (部下や同僚)、 dad (父親)、friend (友人)等に変更してください。同等か年上の人への表現として使って方がいいと感じます。

  I will miss you so much. I couldn't ask for a better friend.
  会えなくなると寂しくなる。あなた以上の友達はいないでしょう。

  Thank you for everything.. I couldn't ask for a better catcher.
  いろいろとありがとう。君以上のキャッチャーとは出会えないだろう。


なぜ否定文   


なぜこんなに否定文の感謝のことばが多いのか、考えてみました。ストレートにありがとうというよりも心が伝わるからなのかな、と思っています。

日本人が心を込めて選んだ贈答品を手渡すときに、「つまらないものです」という表現に近いのかと思います。あえて否定文で表現することでさり気なく気持ちを伝えるのでは?

これも「やんわり英語」のいい例だと思います。


Photo by: Sara Haj-Hassan 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...