投稿

10月, 2014の投稿を表示しています

おすすめ記事

Spring is here! 「春がきた」を表現する

イメージ
以前、完了形は過去形をパワフルにすると書きました。たいていはそうなのですが、同じ完了形の表現を何度も使うと、威力を感じなくなります。中でも、"Spring has come." という表現は「春が来てしまった。」と解釈できるので、手放しで喜びを感じることができません。

今日は春をテーマにしたブログやツイートに使える新しい「春がきた」の英語表現を提案します。

もうすぐ春

Spring is in the air.
これは、まだ春は来ていないけど、風やいろいろな香りから春を感じる、という状態で、日本語の「春の足音が聞こえる」に一番近いと思います。



"Thanks a lot" は皮肉に聞こえることもあります

イメージ
言い方にもよるのですが、"Thanks a lot." と言うと、感謝のことばに聞こえないことがあります。

わたしは "Thanks a lot."というお礼が好きだったので、とても残念に思うのですが、近年 このことばは皮肉を込めて使われことが多くなりました。

Thanks a lot, Obama. というサイトでは、オバマ大統領への感謝のサイトではなく、皮肉たっぷりにオバマ政権を批判しています。

ネットで Thanks a lot +名前 で検索すると、たいていネガティブなサイトにヒットします。やはり感謝ではなく、皮肉を込めている記事ばかりです。

わたしは元生徒さんたちには、Facebookなどで、あまり Thanks a lot. を使わないように薦めています。文章だと純粋な感謝のことばなのか、ありがた迷惑で言っているのかがわかりにくいからです。

Thanks a lot. の代わりに、次の表現がいかがでしょう?
Thanks a million. 沢山の感謝。I can't thank you enough. (十分な)御礼の言葉がみつかりません。Thank you so much. 本当にありがとう。 会話でThanks a lot. というのはさほど問題ありません。満面の笑みで、心から感謝をして言えば絶対に皮肉だと思われることはありません。



Thanks a lot for reading this article.


Photo 1 by Brainloc, Photo 2 by Scott Snyder



にほんブログ村