2018年3月7日水曜日

「リニューアル」を英語で正しく表現する (2)

Grand reopening ceremony.


前回の記事 「リニューアル」を英語で正しく表現する (1) で日本での「リニューアル」という単語の使い方は、独特だと説明しました。日本語の「リニューアル」を含む表現を直訳しても、外国人には理解しにくいです。

今回は日本語で「リニューアル」と表現しているプレーズを自然な英語な言い換える方法を提案します。

接頭辞の re- で始まる動詞を活用する


Renewal の最初の二文字 re- という接頭辞 には次のような意味があります:

  • 再び,
  • さらに,
  • 新たに; 
  • …し直す; 
  • 原状に復す


Re- で始まる動詞を使って表現すると、ても勢いのある素敵な表現ができます。各項目の最後の Google 検索結果のリンクをクリックすると、実際に英語で使われいてる英語の記事をご覧いただけます。

リニューアルオープン 


日本語の表現: リニューアルオープン
英語の表現: Grand Reopening

Grand Opening (グランドオープン)がお店や飲食店の「開店」なら、Grand Reopening は「新装開店」という意味になります。下記の検索結果をご覧いただくと、Grand Reopening! と感嘆符(びっくりマーク)付きのタイトルが多いことにお気づきになれます。

      Join us on July 15 for our Grand Reopening! Free gifts for the first 200 customers.
      7月15日のリニューアルオープンへぜひ起こしください。先着200名様に無料プレゼント。

例文に Please を使わない理由はこちらの記事をご覧ください。

Google 検索結果:Grand Reopening [画像検索 (素敵なバナーのアイディアが一杯)]


ホームページのリニューアル 


日本語の表現: ホームページ/ウェブサイトのリニューアル
英語の表現: website redesign

ユーザのアクセスを促進などの理由で企業がホームページのデザインを新しくすることがしばしばあります。「ホームページのリニューアル」(名詞)は website redesign と言います。SNSなどで発表するときは redesign a website のように

      We've redesigned our website!
      ホームページをリニューアルしました。

Google 検索結果:website redesign


New + 名詞で表現する


パッケージをリニューアル 

日本語の表現: パッケージをリニューアル
英語の表現: new package

中の商品はそのままで、パッケージだけを変える場合があります。その場合は広告の見出しやSNSの最初に

      New Package! (新しいパッケージ!)
      パッケージをリニューアル!

と書きます。

中身は変わらずパッケージデザインが新しい場合はこんなお決まりのコピーがあります:

      New package, same great taste! (新しいパッケージ、これまでと同じ美味しさ。)
      パッケージは新しく、味はこれまで通りの美味しさ!

「パッケージが変わっても味は今まで通りなのでご安心ください。」というメッセージでもあるようです。

Package ではなく look (見かけ)を使う場合もあります。


Google 検索結果: New package same great taste

味をリニューアル 


味が変わった場合は商品によって違う名詞を使います。どれも新しい味」という意味です。

カクテル、ソフトドリンク

      New formula 新しい調理法、調合

物議を醸した New Coke も New Formula と宣伝されました。

お酒、コーヒー、お茶

      New blend 新しいブレンド

材料の調合を変えた場合は new blend と表現します。

クッキーやビスケットなどの焼き菓子、加工食品

      New recipe 新しいレシピ

食品が新しい味になった場合は new recipe と表現されます。


なぜ renewal を使わないのか


Renewal には pizzazz (勢い)、新鮮さ、キラキラ感がない単語です。私の中では学校、図書館、法律事務所、不動産業、新聞社などのちょっと硬いイメージがあります。英語で表現する場合は違う単語を使った方が新しさが伝わると思います。


Photo by Ben Schumin

0 件のコメント :

コメントを投稿