2016年8月24日水曜日

「結婚相手のいとこ」を英語でどういう?


結婚して増える家族


結婚相手の親や兄弟のことは関係に in-law を付けることはもうご存知かと思います。

    義理の父は来年定年です。
    My father-in-law retires next year.

    義理の母は雑誌の編集長です。
    My mother-in-law is the editor of a magazine.

兄弟の場合は兄や弟とはいわず、名前で区別します。

    義理の姉のサラが元気な男の赤ちゃんを出産しました。
    My sister-in-law Sara gave birth to a bouncing baby boy.

    義理の弟は大学生です。
    My brother-in-law is in college.

結婚相手のご両親のことは in-laws と呼びます。

    My in-laws are coming for dinner tonight.
    今日は主人の両親がうちで夕食と食べに来ます。

本題の結婚相手の叔父、叔母、従兄弟はなんと呼ぶのでしょう?



結婚相手の叔父、叔母、いとこ


日本語で「義理の叔父」と言わないように、英語でも my uncle-in-law とは言いません。

「主人の叔母」「妻の従兄弟」という方法があります。

ちなみに、従兄弟は cousin (発音は、カズン)、叔母は aunt(エァーント、アーント)、叔父は uncle (アンコーゥ)。

    My wife's cousin lives in Bangladesh.
    妻の従兄弟はバングラデシュに住んでいる。

    My husband's aunt was released from the hospital.
    主人の叔母が退院した。

もう一つの言い方は「結婚によって~になった人」という意味の ~ by marriage です。この表現は仲の良さが伝わります

    Kei is a cousin by marriage.
    ケイは主人/妻の従兄弟です。

    My supervisor Akira is my uncle by marriage.
    上司のアキラさんは主人/妻の叔父です。

上記の例文の a と my の違いは、a cousin は「復数の従兄弟の一人」で、my uncle はおじさんは一人しかいないと意味です。

一度、cousin/aunt/uncle by marriage というふうに親戚関係を説明すれば、その後の話しでは by marriage は省いても大丈夫です。

    My cousin Kei is a professional surfer.
    従兄弟のケイはプロのサーファーです。

    Uncle Akira was promoted to district manager.
    アキラおじさんは地区拠点長に昇格しました。


関連記事: 日記に登場する人たちの呼び方



Photo by: Samantha Villagran

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

0 件のコメント :

コメントを投稿