2015年10月3日土曜日

「ナプキン」と「ナフキン」

語源は同じ Napkin

Napkin or serviette

日本では「ナプキン」と「ナフキン」で使い分ける?


私は幼稚園から高校までインターナショナルスクールに通いましたが、3才年下の友人のAちゃんは日本語の読み書きが出来るようになりたいと、日本の中学校へ編入しました。

Aちゃんは、日本の中学校ではいろいろなカルチャーショックがあったようで、不思議なエピソードをたくさん話してくれました。

その中でも印象的だったのは「ナプキン」についてのお話。Aちゃんが急遽生理用品が必要になり、仲の良いクラスメートに「生理が来ちゃったんだけど、ナフキン持っていない?」と尋ねたところ、その場にい合わせて女子はみんなゲラゲラ笑い出しました。「ナフキンは口を拭く物。あなたが言いたいのはナプキンでしょ。」といいました。

Aちゃんはナプキンもナフキンも同じものだと知っていたのですが、波風を立てたくなくて、「あ、そうなんだ。」と笑ったそうです。(私なら、「それは違う!」と辞書を取り出して説明していたでしょう。)

実は、ナプキンも、ナフキンも語源は同じ napkin なのです。

アメリカ英語では sanitary napkin が生理用品で、(table)napkin が口を拭うために使われるものです。

英国では serviette で口を拭きます


一方、英国、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカなど、King's Englishの国では napkin は別の意味を持ちます。「赤ちゃんのおむつ」です。

生理ナプキンのことは sanitary towel と呼ぶようです。

お食事に口を拭いための布や紙製品は、serviette 。意味と発音はこちら

英米双方でお笑いのネタになっています


英国のレストランでアメリカ人が、

  "Can you bring me a napkin, please?"
  「ナプキンを持ってきていただけますか?」

と言ったら、かなり驚かれたり、アメリカのレストランでイギリス人の客に、

  "Would you like a napkin?"
  「ナプキンが必要ですか?」

言ったら、怒った表情で「いらない!」という返事が帰ってきたり。

この動画は南アフリカ出身のコメディアン Trevor Noah がアメリカで初めてタコスを注文した時に、ナプキンが必要かどうか聞かれて、「それほど即効性のある食べ物なのか」と驚くという体験談です。英語が聞き取れなくても、表情が面白いのでぜひご覧になってください。


 


発音は「ナプキン」が正しい


日本語で「ナプキン」と「ナフキン」を使い分けるのは問題ありませんが、英語圏の人にとっては同じなので、英語で話す時はどちらも、「ナプキン」と発音しましょう。

そして、英米で意味が違うということも覚えておきましょう。ナプキンの意味の違いは、

  アメリカ英語: 口を拭う為のもの、生理用品

  イギリス英語: おむつ


日本人がこの違いを知っていたら、一目置かれるかも。





参考にしたページ(外部リンク):

Grammarist: Serviette or napkin


Photo by Matthew Green


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

(ブログランキングに参加しています。この記事を気に入っていただけたのでしたら、ぜひこのバナーをクリックしてください。)

0 件のコメント :

コメントを投稿