2015年5月30日土曜日

英語の看板や貼り紙には句読点が重要です

看板の間違いは気をつけよう


これは米国の投稿サイトimgurの画像です。高級アパートの敷地の看板の最後の単語の文字を消して、句点に替えただけで、オチになっています。

from imgur

CaptureBoardというアプリを使って、平面にしてみましょう。:




本来なら、こうなっているべきです:


Hunt Club Apartments

Hunt Club residents only!

Absolutely no pets, skateboards,
or rollerblades allowed in the
tennis court area.

Violators will be fined.

それを日本語に訳すと:

ハントクラブアパートメント

ハントクラブの住民専用

テニスコートへのペット、スケートボード、ローラーブレード
の持ち込みは厳禁。

違反者は罰金を徴収します

しかし、看板を描いた人のミスか、誰かのイタズラで最後の行の fined (「罰金されます」、という意味の受動態動詞)の d が、句点になってしまったので、

Violators will be fine.

意味が、

違反者は大丈夫

に変わってしまって、貼り紙の意図とは正反対の意味になっています。



「?」や「!」を加えると意味が変わってしまう看板


次の注意書き看板はちょっと書き加えるだけで、反対の意味になります。:



Danger
No Swimming Allowed

危険
遊泳禁止

疑問符(?)と感嘆符(!)を付けただけで、反対の意味になります:

Danger?
No! Swimming Allowed!

危険
いえ!遊泳解禁

英語の授業でpunctuation (句読点)の大切さを教えるときにいいネタだと思います。ぜひ英語の先生の皆さん、この話題を授業で紹介してください。

英語の貼り紙は読みやすくするために、最小限の句読点を使うことが多いので、こういうイタズラを時々目にすることがあります。

海外に行った時にチェックしてみましょう。

Image from imgur

Swimming sign by Ms. Diary (自由にダウンロードしてください)


にほんブログ村 英語ブログ 英語ライティングへ
にほんブログ村

0 件のコメント :

コメントを投稿