2013年11月29日金曜日

「~しなければ」 ~ Should, Have to, Must の使い分け



Shouldもhave toもmustも動詞の原形に「~しなければ」という意味を持たせる助動詞です。たいていの「しなければ」はshouldで事足りでいるのですが、これらの助動詞をうまく使い分ければ、自分にとってその事柄の重要性を表現することができます。

Should やったほうがいい


Shouldは一般常識で「やったほうがいい」ことに使います。

 I should go to college.
  私は大学へ行くべきだ。

 You should not lie.
 ウソを付くべきでない。

Shouldで表されたことはあくまでも「一般常識」であって、本人の意志だとは限りません。なので、shouldの表現の後にはbutが続くことがあります。



 I should go to college but I am not ready.
 大学へ行くべきだけど(心の)準備ができていない。

 I should go to the doctor but I am so busy.
 病院へ行くべきだけど、とても忙しい。

Should には「わかってはいるんだけど」「常識ではそうだけど」という感じの、まだ迷っている印象を与える表現です。そういう意味では、日本の「~しなければ」とはちょっと違います。

Must しなければならない


Must 他に選択肢が無いときに使います。法律で決められていること、緊急なこと、やらなければ状況が著しくわるくなること、正しいことを表現するときなどに使われます。

 You must call an ambulance.
 救急車を呼ぶ劇だ。

 We must return the money we found.
 私達は見つけたお金を返さなきゃ。

Have to しなければならない(と自覚している)


Have toは自分でしなければならないと自覚している時緊急性を感じているに使います。口語のhave got toはブログや日記なら使ってもいいですが、正式な文章には適しません。

Mustとの違いは、本人の意思だということです。

 I have to call my brother right now.
 今すぐ兄に電話をかけなければ。

 I have to return this book to the library.
 この本を図書館へ返さなきゃ。

 I have got to study for my algebra test.
 数学のテストの勉強をしなければ。

 You've got to go home and get some sleep.
 君はうちに帰って睡眠を取るべきだ。

【注意】日本の教科書にはhad betterも同じような使い方ができると書いてあるようですが、使い方を間違えると脅しや皮肉に聞こえて人に不快な思いをさせることがあるので、ネイティブのレベルで話せるまでは使わないほうがいいと思います。



にほんブログ村 英語ブログ 英語ライティングへ
にほんブログ村

0 件のコメント :

コメントを投稿