2014年6月26日木曜日

自動翻訳で訳された日本語 Lost in Translation

日本語なのに意味がわからない。

英文を日本語に自動翻訳した場合


CollegeHumor Channel という若者向けユーモアサイトに7 Things You Will Only Understand If You Are Japanese (「日本人でなければわからない7つのこと」)という記事がありました。

私はもっぱらCrackedというサイトが好きなのですが、両方のサイトを The Old Reader というRSSリーダーで購読しています。最近 College Humor の記事はあまりおもしろいと思わないので、プリビューの段階で「既読」にしていたのですが、上記の記事は気になったのでクリックしてみました。



記事は日の丸の写真と日本語が6行、英語が一行のシンプルなもの。興味津々で読んでみると、意味がわかりにくいと感じました。

多分これはGoogle 翻訳のような自動翻訳機で訳したのか、辞書を引きながら訳したのだと思います。

外国人から見ると、ちゃんとした日本語に見えるのかもしれませんが、この記事を高く評価する日本人ことはないでしょう。なんとなく意味は理解できても、ちゃんとした日本語ではないからです。

作者はオチだけが書きたくて日本語にはあまり気を使わなかったのだと思います。

一番目の項目は:
1.私達は自殺の速い速度を有する。
これを頭の中でまず英語に訳して、それをまた日本語に訳し直すと、

   1.日本では急激に自殺が増えている。

となります。

コメント欄を見ると、日系人と思われる方がその日本語を英語に訳しています。そういう意味なのかな、と思いつつも、あの日本語の酷さに比べる気になれません。

日本のJ-Popの曲の中の英語の歌詞にもこんな感じの物が多いのです。単語を拾って意味はなんとなく伝わるのですが、ちゃんとした英語として評価することはできません。

日本語を自動翻訳した英文は意味不明になる


私が以前勤めていた教育施設ではスピーチコンテストに参加するために生徒全員に英語のスピーチを書かせる指導をしていました。生徒の中には日本語で書いたスピーチを翻訳機で訳したものを提出する生徒がいました。自動翻訳機の英語はひと目でわかります。まったく理解できないので。もちろんスピーチを英語で書き直させました。

自動翻訳機は自分の知らない言語の記事などの意味をなんとなく理解するためには便利ですが、自分が言いたいことを伝えるためのツールとしては適しません。

辞書を使って単語単位で訳すのも同じような印象になります。

私がよく生徒さんにアドバイスしたのは、できるだけ知っている英単語だけで英文を書くということです。何度も返して英文を書いている内に、段々高いレベルの英単語が使えるようになります。生徒さんに教えてもらった日本語でいうと、「場数を増やす」ということです。

この記事のタイトルの Lost in Translation というのは「翻訳していく内に意味が不明になる」という意味です。


ロスト・イン・トランスレーション [DVD]
Lost In Translationというタイトルのニコラス・ケイジ主演の映画

Image by Brainloc

にほんブログ村 英語ブログ 英語ライティングへ
にほんブログ村

0 件のコメント :

コメントを投稿