2013年7月21日日曜日

Significant Otherをなんと呼ぶか



恋人、結婚相手、パートナー。

あなたの大切な人(significant other) を英語ブログでなんと呼べばいいのでしょうか。

日本語の日記であれば、「彼」「主人」「嫁」などと呼ぶのが普通ですが、英語でmy boyfriend, my husband, my wife と呼び続けると少し印象が違います。なんだか距離があるというか、温かみがないという感じです。

初めて日記に登場するときは、my wife などでもいいのですが、それ以降は、ファーストネームで呼ぶのが理想です。

もちろん、実名を出すのには抵抗がありますね。それならば、日記に登場する人に全てニックネームを付けるといいでしょう。外国の方がわかりやすいような英語の名前を付けるのも楽しいかもしれません。ヒロシさんであれば、Harry。ミドリさんならば、Mindy、という具合に。

(もし英語の名前が思いつかなければ、私が以前作ったAmerican Name Generator をご利用ください。)



ところで、significant other の表現でが意味をよくわかっていないと人に不快な思いをさせることがあるのでお気をつけください。


Partner(パートナー)


恋人や結婚相手のことをpartnerと呼ぶ人がいます。当人同士でそう呼び合うことにはなんら問題はありません。「対等な人間関係」という印象も持っている人が多いと思います。

Partnerを日本語に訳すると、「主人」「家内」「彼女」「彼氏」という意味で、婚姻関係や恋愛関係の当事者が使うことばです。

間違ったpartnerの使い方を紹介します。

私の以前務めていた職場の皆さんとのお食事会でことです。イギリス人の女性講師がご主人と一緒に参加されていので、私の日本人の上司の山田先生(仮名)は挨拶で、
"I am delighted that Ms. Anderson's partner was able to attend."
(アンダーソン先生[仮名]のパートナーも参加して下って嬉しく思っています。)
私や、ネイティブスピーカーのスタッフはみんな目が点になりました。アンダーソン先生が結婚されていることは皆知っていることなので、partnerと紹介するのは不適切。、正しくはMs. Anderson's husband JakeもしくはMr. Jake Anderson と紹介するべきだったのです。

他人のご主人をpartner呼ばわりすると、その結婚を認めていないと宣言をしているのと同じなのです。

ただひとつ、partnerと紹介していいのは、同性のカップルの場合だけです。

Boyfriend, Girlfriend


Boyfriend やgirlfriendといのは日本語の「彼」氏、「彼女」と同じで、「恋人」に対して使う言葉です。一緒に暮らしていても、結婚の予定がない間はずっとboyfriendとgirlfriend。40代でも、70代でも年齢に関係なくboyfriend, girlfriendです。

結婚の約束をしたら、fiance, fiancee に替わります。

異性の友たちという意味でboyfriend, girlfriendと使うことは最近はなくなっています。女性が同性の友達のことをgirlfriendと呼ぶのはありですが、男性が同性の友達をboyfriendと呼ぶと誤解されます。

Lover


Loverというのは「愛人」と認識されるので、読者の混乱を避けるためにも、この言葉は不倫関係がない場合は使わないほうがいいです。一挙に日記がメロドラマ風になってしまいます。


日記の登場人物をの呼び方に気をつけて読者が楽しめる日記を書いてください。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村




0 件のコメント :

コメントを投稿