2012年2月4日土曜日

Are you familiar with kabuki? ~ 英作文の書き出しを考える☆

Are you familiar with kabuki?

Do you know...?で始めるのはおすすめできません


前にも書きましたが、ダイアリーなどの英文で「~をご存知ですか?」という意味の
Do you know ~?
と書くのはあまりお勧めしません。しかし、残念ながら日本人による英語ブログにはまだまだDo you know~で始まるものが多いです。

Do you know ~?と言う表現は日本語でいうすべての「~を知っていますか?」という表現できるわけではありません。

よくテレビ日本の芸人が来日した外国の有名人に"Do you know ~?"と連呼している場面を見かけます。外国人の方はただただ戸惑って愛想笑いをしています。芸人の自分が英語が得意ではないからといって、失礼なことを聞き方をしていい訳ではありません。それは言葉のキャッチボールではなく、言葉の千本ノックですよね。

"Do you know ~?"と言う質問が失礼ではないのは共通な知人がいるか確認するときだけです。
Do you know Andy from the sales department?
営業部のアンディーを知っている?
「"Do you know ~?"ぐらいいいじゃないか」と思う方もいるかも知れません。でもわずかでも相手を不愉快にさせる表現は避けるべきだと思います。

もっとやんわりした「~を知っていますか」の英語表現


ある英語雑誌でお見舞いに持っていくものを提案している記事がありました。その中で「持ちがよく病室での手入れが簡単な菊の花」を薦めてていました。日本でお見舞いに菊の花を持って行くと不吉ですし、失礼ですよね。同じように自分が普通に感じていても、外国の人を不愉快にさせることがあるのです。

"Do you know ~?"と言う質問は多分外国人が知らないであろう日本のことを遠慮がちに尋ねている印象はありません。どちらかと言うと「それぐらい知っているよね?」みたいな上から目線の質問です。

失礼ではない「~を知っていますか?」という質問は次のとおりです。

  Are you familiar with the Japanese custom of bean throwing?
  日本の豆まきの習慣をご存知ですか?(熟知していますか?)

  Have you ever been to a Japanese public bath?
  日本の銭湯へ行ったことはありますか?

  Have you ever had the pleasure of getting a massage at a Japanese spa?  
  日本のスパでマッサージを楽しんだことはありますか?

  How well do you know about sushi?
  お寿司についてあなたはどれぐらい詳しいのでしょうか?

日本の独特な文化や習慣などのことで、質問されてい相手が知らないであろうことがら、例えば、「納豆」「歌舞伎」「恵方巻き」などがあります。聞いたこと無いもののことを「知ってますか?」と言われても興味が沸くことはないし、少しバカにされた気分になります。そんな質問をせずに、すぐに本題に入ったほうが親切だと思います。「外国の方には馴染みが無いかもしれませんが、」と後で付け加えるといいでしょう。

英文では出だしのセンテンスを重要視します。これをtopic sentence (トピックセンテンス)と言います。英作文の授業ではtopic sentenceとending sentence(エンディングセンテンス、 最後のまとめのセンテンス)をとても大切です。

トピックセンテンスで興味を引く


Topic sentence は文の内容をわかりやすく紹介して、ending sentenceは結論を述べて、文をまとめます。Topic sentence と ending sentence がうまくリンクしているとより優れた英文になります。日本ではあまりない考え方なのかもしれませんが(中学校教諭の主人がしらかなったので)、英文を書く上でとても重要視されます。

興味をそそる英文のトピックセンテンスを書くにはいきなり本題に入ることがいいです。それと、結論を暗示するような表現があるといいでしょう。回りくどく相手が知っているか確認するセンテンスで始めるよりも、意見を述べた後に、それが何かを説明したらいいのです。

次の例文は固定観念を覆すようなショッキング(?)なセンテンスで興味を引きます。b.は読む側が初音ミクを知ろうが知るまいが、それが芸術とは評価されていないものだ最初に述べています。c.も「いただきます」には英語の同意語がないことを述べてから、なぜ必要なのか説明があることを暗示しています。
I think Japanese cooking is highly overrated.
私は日本食というのが過大題評価されているような気がします。
今までにない発想、先が読めない表現でスタートする英文は最後まで読みたくなります。 ちょっと強引でスタートしても、最後にまとまっていれば問題ありません。
The time has come for people to accept the artistic value of Hatsune Miku.
人々が初音ミクの芸術的な価値を受け入れる時代が来た。
日本の文化を紹介するときには今までにない角度であなたの考えを使えましょう。
There should be an English equivalent of "Itadakimasu."
英語に「いただきます」の同意語があるべきです。

読む側があなたがこれから書こうとしているテーマについて知識があるかの気遣いはどうでもいいのです。知ろうが知るまいが、本文のなかで説明すればいいのです。

英文はtopic sentenceのつかみが大事で、それが勝負です。Topic sentence がつまらなければ、読んでもらえないと言っても過言ではありません、特にスピード重視のネット社会では。でも逆に言うと、topic sentence がしっかり書けていれば、you have won half the battle(勝負に勝ったも同然です。)

英文は書きながら考える手法は向きません。予めトピックセンテンスとエンディングセンテンスを考え、それに沿って話をまとめて行くのが大切です。



関連記事: Topic Sentenceの重要さ

0 件のコメント :

コメントを投稿