2017年4月21日金曜日

「私に振らないで」を英語でどういう?



数人で話しているに、意見を求められたくないこと、自分に話しを振らないで欲しいごとがありますね。今回は、

      「私に振らないで。」
      「俺に聞くなよ。」
      「えっ、私?」「私ですか?」

など、会話で逃れるための英語表現をご紹介します。

「私に振らないで。」


会話をしているときに特定の人の意見を聞きたいときに、その人の方に視線を向けます。話を振られたくない人は、「えっ、何?こっちを見ないで!」と言いたくなります。話を振られたくないときには

      Don't look at me.
      私/僕を見ないで。(=私/僕に振らないで。)

(話す場合は、太字の部分を強調します。)

Don't look at me. の後には、理由も付け加えます。

      A: Who ate the last piece of cake?
      B: Don't look at me. I just got here.
      A: 誰が最後のケーキを食べたの?
      B: 私に聞かないでよ。今帰ったばかりなのに。

      A: I thought everyone was happy about going to Osaka next week..
      B: Don't look at me. I can't even go that day.
      A: みんな大阪へ行くことを喜んでいると思った。
      B: 僕に聞かないでよ。その日は行けないし。



「俺に聞くなよ。」


話を振られたくないのではなく、答えられる立場では無いときには、自分に質問しないで答えましょう。その理由も付け加えることをもお忘れなく。

直訳で、Don't ask me. と言います。

      A: Why are we working at the stockroom today?
      B: Don’t ask me. I just got an email from the boss to bring everyone here.
      A: どうして今日は倉庫で仕事をするの?
      B: 私に聞かないで。私は上司からみんなをここへ連れてくるようにというメールを受け取っただけ。

      A: Why is the service so slow at this restaurant?
      B: Don’t ask me. You wanted to come here for dinner.
      A: どうしてこのレストランはサービスが遅いんだろうね。
      B: 私に聞かないで。あなたがここで夕食にしたいって言ったんでしょう。

「えっ、私?」「私ですか?」

話を振られても、何も話すことがない場合、すっとぼけるという手もあります。「私ですか?」とキョトンとするといいでしょう。もちろん、相手が親しい人のときだけしか使えません。


Who, me?

「えっ、私ですか?」「俺?」と確認すして、首をかしげると、他の人に意見を持てめるかもしれません。やってみる価値はあります。

      A: Perhaps Andrea has an idea about this?
      B: Who me? (blinks repeatedly)
      A: I guess not.
      A: この件についてアンドレアは何か意見があるかな?
      B: 私ですか?(瞬きを繰り返す)
      A: ないみたいでね。

聞かれたことがお門違いだったり、不適切だった場合はフランス語で答えるといいでしょう。

Moi? (私?)は「モ・?」と発音します。表情はこの猫のように:


      A: Can you help me with my school project?
      B: Moi?
      A: Oh, yeah. You have a report to do.
      A: 私の学校の課題を手伝ってくれない?
      B: わたくしですか?
      A: そうか、レポートを書かなきゃいけないんだね。

Bored girl photo by Christie Merrill
Cat photo by webandi (Andreas Lischka)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

0 件のコメント :

コメントを投稿