2015年11月13日金曜日

Missは「間違える」という意味ではありません

She made a boo-boo.

Missは「間違える」という意味ではない


日本語の「ミスをしました」を英語に訳すときの動詞に miss を使うことはできません。正しく訳す場合は次の通りです:

  I made a mistake in the reservation form..
   予約のフォームで入力ミスをしました。

 また、「ミスがある。」を英訳する場合に miss ではなく、 error を使います。

   There is an error in the document.
   文書にミスがあります。

 統合型オンライン辞書サービスWeblio で、動詞の miss は

    「日本語の「ミスする」のような「間違える」の意味はない》.」

 と説明しています。

動詞としての miss は「的をはずれる」という意味があります。Weblioの例文を見てみましょう:

   I fired twice but missed both times.
   2回撃ったが2回とも的をはずれた。


評価としての miss


当たりが hit、 ハズレが miss と表現して、色々な評価に使われわす。

  We went to three restaurants during our trip (2 hits and 1 miss)
  旅行中、三軒のレストランに行きました(一軒だけはずれ)。

  The chocolate cake was a hit but the angel cake was a miss.
  チョコレートケーキは当たりましたが、エンジェルケーキは売れませんでした。

  Of the five new songs, there were 3 hits and 2 misses.
  5つの新曲のうち、3曲がいい曲で、2曲はハズレでした。

  Was the concert a hit or a miss?
  ライブはよかった?悪かった?

「ミス」は英語でどう表現する?


「間違い」を miss と訳すのは間違いです。ミスを英語で表現するときは、

  動詞: make a mistake, make an error, err, misspeak, miswrite, misspell
  名詞: mistake, error, misspelling, blunder, boo-boo


よく考えると、misspell, misspeak, miswrite のように「まちがい」を表現する動詞につく、 mis という接頭辞のせいで miss ということばは「間違い」という勘違いにつなかったのかもしれません。

結論としては、 miss を「間違い」という意味で使うのは立派な和製英語ということになります。こういう使い方は日本人にしか通用しません。

正しい miss の使い方にはこちらの記事をご覧ください。:

  「会えなくて寂しい」 MISS という動詞

  逃した、足りない、休んだと言う意味のmiss ~ I missed the bus.

Photo source: Gratisography

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



0 件のコメント :

コメントを投稿