2011年7月12日火曜日

つかみが肝心 ~ Topic Sentenceの重要さ

読者に興味を持たせよう。


英昨文はつかみが大事です。最初のセンテンスで読者の興味をひくことでダイヤリーや作文を最後まで読んでもらえます。

今まで私が読んだに日本人が書いた英作文の書き出しで一番多かったのが "Do you know...?" です。日本語では作文を「~を知っていますか?」と書きだすのは一般的ですが、これを英語で書くと、とても上から目線で、ちょっと読者を小馬鹿にしている印象があります。

  私は知っているけど、あなたは果たして知っているだろうか?

と言われている感じがします。

この表現は使わない方がいいでしょう。

Topic sentenceの良し悪しで英作文の評価が変わるので、気を使う必要ばあります。簡単なルールを覚えれば、良いtopic sentenceが書けるようになります。

読者が興味の興味を引くTopic Sentenceはこんな感じです。

1. 読者が知らないであろう情報を提供する

   Most Japanese people have never seen a geisha.
   ほとんどの日本人は芸者さに会ったことがありません。

2. 意外性のある自分の意見をはっきり言う。ここで、"I think" など、自分の意見である示す必要はありません。かえって弱気に聞こえます。ちゃんと自分の意見をバックアップする理由を述べれば、傲慢と思われることもありません。

  The best French restaurants are in Vietnam, not in France.
  最高のフランスレストランはフランスではなくベトナムにある。

3. 読者の疑問を代弁する。質問で始めたいのなら、みんなが共感するような質問を書きましょう。

  Should the sales tax really be raised?
  本当に消費税を上げる必要があるのだろうか。

4. ちょっと大げさな言い方をして、「え、なんで?」と読者に興味を引くことができます。

  I will never ever go fishing with my Uncle Tsuyoshi again!
  もう二度と剛おじさんと釣りには行かない!

  Today was the worst day of my high school life.
  今日は高校生活の中で一番ひどい一日だった。

英作文は書き出しが勝負です。あまり回りくどならないように気をつけながら、自分の想像力をフルに活用しましょう。

英文の最後のセンテンスがtopic sentenceにつながっていると、とてもまとまりのあると評価されます。

最初の例(芸者のセンテンス)の作文の最後のセンテンスはこういうふうだといい感じになります。必ずしも結論である必要はありません。:

  Most Japanese have never seen a ninja either but that's another story.
  ほとんどの日本人は忍者も見たことはありませんが、それはまた別の話です(別の機会に)。


Do you know に関する補足:

"Do you know..?."と日本人の記者が来日した外国の俳優にインタビューするところをよくテレビで見ます。"Do you know...?"とは「知っているか?」とタメ口できかれている感じなので、相手を不愉快にさせます。丁寧に「ご存知ですか?」と聞きたいときは「Have you heard of ...?" とか "Are you familiar with...?"のほうがいいでしょう。


課題: ちょっと大げさなtopic sentence を書いてみましょう。

にほんブログ村 英語ブログ 英語の日記へ
にほんブログ村

0 件のコメント :

コメントを投稿