2016年11月29日火曜日

人に対して it や that を使う ~ Who's that?

Who's that?

人に対して it を使うことに違和感?


以前の記事で、赤ちゃんの出産報告の英語のメッセージには

      It's a girl.
      女の子でーす!

      It's a boy.
      男の子でーす!

という見出しがおすすでめだと書きました。

先日、メールフォームで「赤ちゃんであっても it を使うことに抵抗がある」とのコメントをいただきました。

最初は意味がわからなかったのですが、最近やっと疑問の意味がわかりました。多分 he は男性、she は女性、 it は物に対する形容詞ではないか、ということなのでしょうね。

それは正しいのですが、it には他の意味があるのです。




人を指す時に使う it


辞書で it を調べて、下の方までスクロールすると、人に対して使える it が出てきます。(下の画像をクリックすると拡大できます。)


「日本語には訳さない」と書いてありますね。このような使い方は日本語にはないので、最初に英語でこのような使い方を見聞きすると、面食らうかもしれません。

ネットで検索すると、普通に使われていることがわかります:

      ツイッター検索: ”It's a girl!"

      Google ニュース検索: "It's a boy!"

      Google 画像検索: it's a boy!

決して見下しているわけでも、バカにしているわけではないので、安心して使いましょう。また、知らない人には教えてあげましょう。

人を指す It の例文


それでは例文で見てみましょう。日本語で表現するときに it is の部分は訳しません。

      A: Who's at the door?
      B: It's the pizza guy.
      A: 誰か来てるの?
      B: ピザの配達人だよ。

      A: Hello? Who's calling?
      B: It's me, Haruki.
      A: もしもし、どちらさまですか?
      B:僕です。春樹です。

      Oh, it's you.
      あなただったのですね。
      君だったんだね。
      お前だったか。

:

That で人を指す


That も it と同様、人を指すときに使えます。

That を Weblio で調べると、「あの人」「そこにいる人」のような使い方ができると出ています。



      あの人誰?
      Who's that?

      A: Who was that?
      B: Just a salesman.
      A: 今の、誰?
      B  ただのセールスマン。

      A: Did I see you with your girlfriend last night?
      B: That was my sister Sally.
      A: 昨日君が彼女と一緒のところを見たんだけど?
      B あれは妹のサリーだよ。

      A: Let's ask the policeman over there.
      B: That's a security guard.
      A: あのおまわりさんに聞いてみよう。
      B  あれはガードマンでしょ。


中学校で学んだかと思いますが、「他己紹介」のアクティビティーで人のことを

      This is Hanako.
      こちらは花子さんです。

と紹介しますが、この This と同じ考えです。



英語表現に不安がある時には、インターネットで調べて見てるといいと思います。この素晴らしいツールを使わない手はありません。

Photo by: Gokhan Okur

ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント :

コメントを投稿