2015年4月8日水曜日

関係代名詞+be動詞を省いても同じ意味になります

The girl singing alto.


関係代名詞を省いてイケている表現をしてみませんか?

次の関係代名詞句を含むセンテンスをお読みください。

  The girl who is singing alto is Nancy.
  アルトを歌っている女の子はナンシーです。

  The band that is named "Creek" is coming to Tokyo.
 「クリーク」という名前のバンドが東京へやってきます。

 The restaurant that is famous for their veggie tacos is opening a new store in Tokyo.
 ベジタブル・タコスで有名なレストランが東京で出店します。

  The book that was written by a teenage boy will be published next month.
 10代の男性によって書かれた本が来月出版される。

赤い部分は関係代名詞句で、その前の動詞を修飾しています。


a. のセンテンスでは関係代名詞の that は主語の girl と同じです。次の用の2つのセンテンスに分けることができます。

  The girl is Nancy.+She is singing alto.

(この2つのセンテンスを合体させるときに、she が who に変わります。)

関係代名詞句は「~をした(された、されている)~」というパターンの表現です。

これらのセンテンスはもちろん正しいですが、関係代名詞とその後のbe動詞を省いても同じ意味だということをご存知でしょうか?

  The girl who is singing alto is Nancy.
  The girl singing alto is Nancy.

  The band that is named "Creek" is coming to Tokyo.
  The band named "Creek" is coming to Tokyo.

  The store that is famous for their veggie tacos is opening a new store in Tokyo.
  The store famous for their veggie tacos is opening a new store in Tokyo.

  The book that was written by a teenage boy will be published next month.
  The book written by a teenage boy will be published next month.

実は、日常会話では関係代名詞+動詞を省いたほうをよく使います。

関係代名詞を省いたいいのは関係代名詞句が

  who, where, that の関係代名詞+be動詞

の組み合わせの関係代名詞句です。この条件が整っていたら、省いても大丈夫です。関係代名詞と受動態か進行形が続く場合はすべてということになります。


関係代名詞を省いた一般的なフレーズを見てましょう:

  The movie I saw last week (the movie that I saw last wee)
  私が先週観た映画 (主語が関係代名詞の目的語である場合)

  the food served at the restaurant (the food that is served at the restaurant)
  レストランで出される料理 (主語が関係代名詞の目的語である場合)

  the song by John Lennon (the song that was written by John Lennon)
  John Lennon が作曲した曲 (すでに作曲の話題が出ているのであれば、その動詞を省いても同じ意味になります)

  the dog named Boo (the dog that is named Boo)
  「ぶー」という名前の犬 (「~という名前の」という意味の関係代名詞句)

  his son  Rei  (his son who is named Rei)
  礼という名の息子(「~という名前の」という意味の関係代名詞句)




Image by scottsnyde


0 件のコメント :

コメントを投稿