2012年3月23日金曜日

スペルチェッカーを活用しよう! ~ The Microsoft Word Spell Checker

この記事の画像はクリックすると拡大できます。

マイクロソフトワードなどの文章作成ソフトで英文を書くときに、スペルチェッカーを活用すれば、初歩的なスペルや文法ミスを防ぐことができます。

上の画像はワードで作成して短いパラグラフ(段落)です。よく見ると単語の下に赤や緑の波線があります。これはワードのスペルチェック機能です。入録された文を解析して、ミスだと思われる文字列を表示しています。

緑色の波線が引かれている was を右クリックします。するとダイアログボックスが現れます。




ダイアログボックスの一番上を見ると波線の言葉をの替わりに使える正しい単語やプレーズが表示されす。ここのでは選択肢は was だけです。この was をクリックすると、波文字の単語は修正されます。

スペルチェッカーはセンテンスの主語と動詞の数が一致していないと赤い波線を引いて、訂正を促します。


次は TV.They にクリックいます。ここはなぜ波線が引かれているかというと、英文をタイプするときには読点や句点の後にはスペースを開かなければならないからです。ダイアログボックスのTV. They を選択すると波線は消えます。

すると、一行上の They watching に波線が引かれています。


ダイアログボックスには3つの選択肢があります。正解は過去進行形の They were watching です。このようにもとに戻って修正することもあります。

They の修正はも行います。(画像なし)

最後に siter という単語に波線がついています。これをクリックします。





たくさんの選択肢の中から正解の sister を選択します。

どの単語が正しいのかわからない場合は辞書を引きましょう。

チェックを終えると波線がスペて消えます。



ワードで英文の文章を作成するときは、必ずスペルチェックの波線のあるところを確認しましょう。これで単純なミスを修正することができます。(すべてのミスをチェックできるわけではありません。)

ワードの画面の下の方には「文字数」が表示されています。この「文字」というのは単語のことです。ここでワード数を確認できます。

実際にやってみよう!下の段落をコピーし、Word等の文章作成ソフトに貼り付けて、実際にスペルチェックしてみましょう。



ワードのスペーチェッカーは英語学習のためのパワフルなツールです。

ぜひご活用ください。

にほんブログ村 英語ブログ 英語の日記へ
にほんブログ村

2 件のコメント :

  1. Wordでやってみました。
    出来ました!v^^

    使い方が分かりましたので、是非活用したいと思います。
    情報、ありがとうございました。

    返信削除
  2. こんな便利な機能を使わないのはもったいないですよね。パソコンの中に赤ペン先生がいるのですから。

    返信削除