2011年6月8日水曜日

冠詞 - A と Theをマスターしよう



外国人が日本語を学ぶときに、とまどいを感じるのは「助詞」の使い方です。いわゆる「てにをは」です。英語にはないものですし、どこでどう使い分けるかがとてもわかりにくいものです。初心者はついつい助詞を省いて話すので、片言の日本語に聞こえてしまいます。たとえば、
「私会社行った。社長居なかった。私帰った。」
こういう話し方をしているうちは、「日本語が上手ですね。」と言われることはありません。どんなに難しい単語をたくさん知ってたとしても。


日本人も同じような間違いをします。それは「冠詞」と省くということです。冠詞とは a、an や the の事です。日本語には無いものなので、あんまり重要には見えません。ですが、冠詞が使えないとどんなに難しい英単語をならべてもうまい日記がかけません。



Aは非限定的、theは限定的と学びますが、ちょっと難しいですね。すこし分かりやすく説明してみます。


たとえば、「町で見かけた猫が可愛かった」と日記に書きたいとします。最初見かけたときには、a catと書きます。次に猫が文の中に登場するときは the cat に変わります。
I saw a cute cat yesterday. It was sitting on the curb. The cat had a long tail and a brown coat. (昨日かわいい猫を見かけました。歩道に座っていました。猫のしっぽは長くて、色は茶色でした。)
限定している名詞

「限定している」というのは、こんな考え方があります。

1. もう文のどこかに登場している人や、物や、場所である。


2. 作者の周りや一般的にひとつしか無いとされている人や、物や、場所。家の中には台所がひとつしかないので、the kitchen です。住んでいる町には町長は一人しか居ないので、the mayor。 家にパソコンが一台しかない場合は the computer。近所にコンビニが一軒しかないなら、the convenience store。図書室に司書が一人しか居ないのなら、the librarian と書きます。こういう限定している人、物、場所は(まとめて「名詞」といいます)は文の中に初めて登場しても the 付けてOKです。

3. みんなが共通の認識をしている名詞。書き手と読み手がその名詞を見ると同じ物を思い浮かべることが分かっているときにも、theを付けます。The big game(大きな試合)、the new car(新しい車)、the math exam (数学の試験)。The King と書いてあるとほとんどのアメリカ人はエルビス・プレスリーを思い浮かべます。

限定していない名詞(単数)

4. 文の中に初めて登場したとき。猫の例文のように初めて登場させるときに a や an を付けると、読者はまだこの名詞について何も知らないのだとわかります。

5. どれでもいい時。I bought an apple. という文では「どのりんごである」ということがさほど重要ではありません。(そのりんこに重要性があるのであれば、次からはtheが付きます。)

限定していない名詞(複数)

6. 「私は本が大好きです。」というときはある特定の本でなく、本全版が好きだという意味ですね。(特定な本が好きなら「この本がすきです」と言います。)こういうふうにどれと特定しないで全体の話をしたいときは
I love books.(本が大好きです。)
不特定多数の名詞は複数形で書きます。他にHe collects stamps. (彼は切手を集めています。)She watches Korean programs。(彼女は韓国の番組を見ます。)

数えられない名詞に関しては後から説明します。

正しく冠詞が使えるようになると、外国人にとって、とても分かりやすい文章になります。「片言」っぽくない日記を書くために、冠詞をマスターしましょう。

0 件のコメント :

コメントを投稿