2011年9月1日木曜日

I went to Mihama to buy a pair of shoes. ~ Because の正しい使い方



私の生徒さんの中に because の使い方を勘違いしていた人何人かいます。私の説明がわかりにくかったからかもしれません。Becauseをこういう風に使うのは間違いです。

  1. × I went to Mihama because I wanted to buy a pair of shoes.
      靴を買いたかったので、美浜へ行きました。

  2. × She went to a chapel because it was her friend’s wedding.
      友達の結婚式だったので、彼女はチャペルへ行きました。

  3. × He went to Shakey’s because he wanted some pizza.
      彼はピザが食べたかったので、シェーキーズへ行きました。
Because を使わないほうがいい例

Because というのは理由や事情を説明するために使う接続詞です。目的を言いたい時に使うと大げさに聞こえます。日本語で{~ので}「~だから」と言っても、それがすべてbecause と訳せるわけではありません。

1.から3.を正しく表現する場合こちらのほうが英語的です。

  4.  ◯ I went to Mihama to buy a pair of shoes.(目的: 靴を買いに)
      私は靴を買いに美浜へ行きました。

  5.  ◯ She went to a chapel for her friend’s wedding.(目的: 友人の結婚式に参列するため)
      彼女は友達の結婚式に参列するために教会へ行きました。

  6.  ◯ He went to Shakey’s for some pizza.(目的: ピザを食べに、または買いに。)
      彼はシェーキーズへピザを買いに行きました。

理由ではなく「目的」を表現したい時は to か for を使います。To の後には動詞の原形が続きます。For の後には名詞が続きます。

For と to の使い分け方

5. や 6.の場合、場所を見ただけで、何をしに行くか明白な場合は動詞を省いて for+目的語で表現できます。

5.の「チャペルへ行く」の目的は「参列する」以外の動詞は普通考えられません。ですから動作のattend「参列する」を省いても意味が通ります。

6.の場合は、持ち帰りにせよ、eat inにせよ、「ピザを手に入れる」という目的が普通なので、動作を省きます。「ピザを作りに行く」とか「ピザを売りにいく」ということは考えられません。

4.の場合は場所と目的語を見ただけでは靴を「買いに行く」のか、「見に行くだけ」か、それとも「修理に出す」のかは明白ではありません。ですから、to+動詞の原形で表現します。

※For か to の使い分けがよくわからない場合は全て to+動詞の原形+目的語でOKです。

Because の正しい使い方

I went to Mihama to shop because Naha is too far.(理由: 那覇は遠すぎるから)
  那覇は遠すぎるので、美浜へ靴を買いに行きました。

  She went to the chapel early because she wanted a good seat.(理由: いい席につきたかったから)
  いい席に付きたかったので、彼女は早めにチャペルへ行きました。

  Because KFC was closed, he went to Shakey’s.(事情: KFCは閉まっていたから)
  ケンタッキーが閉まっていたので、彼はシェーキーズへ行きました。

普段 because という言葉は、言いにくいことをいう時、言い訳をする時などに使われる単語です。私はこの単語を見ると「次になにか来るぞ」と少しだけ身構えてしまいます。「~しに行くよ」のような軽い表現には because を使わない方がいいのでは、と思います。

ルール:目的を表現するときはfor か to。理由や事情を説明すときはbecause です。

追記: Because、for、to の使い訳のプリントをアップロードしました。実際に私の授業で使ったものです。ぜひダウンロードして練習してみてください。(9月13日)

Photo source: Christy Thomas, Red High Heels and Annual Conference


にほんブログ村 英語ブログ 英語の日記へ
にほんブログ村

0 件のコメント :

コメントを投稿