2016年9月20日火曜日

「三温糖」は英語でどういう?もしや、Brown Sugar?

Brown sugar toast

以前、黒糖についての記事を書きましたが、最近は「三温糖 英語」というキーワードでヒットする方が増えています。

はて?三温糖って英語でどういうのだろう?私もよく考えたら知らないので、検索したら、このブログにヒットしました。


Fall for と言うのは「好きになる」「惚れ込む」という意味。秋田県でALTをされていたカナダ人女性のブログです。学校に関する表現がたくさん出てくるので、ぜひチェックしてください。もう更新は終了しているかもしれません。

上記の記事ではブログ主が Brookie (ブルッキー)を作るために必要なブラウン・シュガー調べたら、「三温糖」がヒットしたと書いてあります。

香りと風味がカナダのブラウン・シュガーにとても似ているとのことです。

知りませんでした。

ちなみに Brookie というのは brownie と cookie を組み合わせた造語です。とても美味しそうなので、画像を上のブログでチェックしてださい。




Amazon で見る

厳密に言うと三温糖はブラウン・シュガーではありません


私は前の記事を書いたときにはブラウン・シュガーと黒糖のことしか調べていなかったので、改めて三温糖を調べてみると、製法が異なることがわかりました。

三温糖: 

製法は上白糖と同じであるが、製造工程の最後に結晶と分離させた製糖用糖蜜を再利用し、再び結晶させている。この結晶させる度に再三再四、糖蜜を加熱していることが「三温」という名の由来になっている。

ブラウン・シュガー

精製された白糖に molasses (糖蜜)を加えたもの。(Wikipedia)

同じものではないので、三温糖のことを brown sugar と訳すことはないと思います。

少しだけ調べましたが、三温糖の正式な英語名はみつけられませんでした。訳すとしたら、yellow sugar や light brown sugar がいいでしょう。

今の時代なら、Sannontou とローマ字表記するのもアリかもしれまん。San-ontou でもいいでしょう。ハイフンをいれると、「サノントウ」と読ませるのを防ぐことができます。


三温糖はブラウン・シュガーの代用品

先日スーパーでイギリス人の元同僚がジンジャーブレッドクッキーの材料を買っていました。「お砂糖はどれを使うの?」と尋ねると、やはり三温糖を指差して、「これで代用しているの」と言いました。

「代用品」は英語で substitute と言います。「代用する」という動詞としても使います。

    Margarine was invented as a substitute for butter.
    マーガリンはバターの代用品として開発されました。

    If you are out of eggs, you can substitute it with mashed bananas.
    卵を切らしているなら、潰したバナナで代用できます。

    I substitute brown sugar with sannontou.
    私はブラウン・シュガーを三温糖で代用しています。

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...