2016年9月6日火曜日

「ピタゴラ装置」を英語でどういう?

Wikimedia

ピタゴラ装置とは


NHKのピタゴラスイッチという子供番組の名物コーナー「ピタゴラそうち」をご存知でしょうか?(ご存じなければNHKアーカイブスでピタゴラスイッチの動画を無料で視聴することができるので、ぜひチェックししてください。)

Wikipedia の説明によるとピタゴラ装置の説明:

装置の構成は主として身の回りにあるもの(定規、クリップなど)で作られており、そこをビー玉や小さな車が転がってゆく、という形のものが多い。最初にきっかけを与えた以降は連鎖的な運動のみで進行し、あるいは転がっていった先で次のものにぶつかって運動が引き継がれる、あるいはそれが留め金になっているものを外すことで次のものの運動が始まる、といったふうに運動が引き継がれる。その様子はドミノ倒しを思わせるものがある。最後は「ピタゴラスイッチ」という題名を示す、あるいはそれを印象づける動きで終了する。作品には通し番号が振られている。

この用にドミノ倒しのように連続で動く装置に関する動画は沢山 YouTube にアップロードされています。


さてこのような装置のことを英語でどういうかご存知でしょうか?

「ピタゴラ装置」を直訳して Pythagorean Device と言っても通じません。ピタゴラスの提議に関する装置だと思われてしまいます。


Rube Goldberg machine


ピタゴラ装置は英語で Rube Goldberg machine と言います。

この記事の冒頭のイラストは1900年代初頭のアメリカの漫画家 Rube Goldberg (ルーブ・ゴールドバーグ) による「自動口拭きナプキン」です。簡単な日常の動作をするための数々の複雑な装置の漫画が人気だったようです。

アメリカの Merriam-Webster Dictionary にゴールドバーグ氏の名前が載っています。「簡単なことを不必要に複雑な動作で行っている」という意味の形容詞です。

Merriam-Webster Dictionary掲載の Rube Goldberg の提議
YouTube で Rube Goldberg machine と検索すると色々な不必要に複雑な装置の動画を見ることができます。

ピタゴラ装置の動画をアップロードするときに、Rube Goldberg machine をタイトルに加えれば、アクセスが増えると思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ



0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...