2016年8月21日日曜日

Trouble (トラブル)は日常英話によく出てくる ~ Am I in trouble?

Am I in trouble?

トラブルは「事件」という意味?


多くの日本人は「トラブル」という名詞を聞くと、大きな事件に巻き込まれていたり、社会な問題が起きている状態を想像するかもしれません。

しかし、英語ではもっと幅広い意味を持っています。

今回は結構日常的に使われている名詞としての troubleMerriam Webster Dictionary の例文に沿ってご紹介します。





例文を読んで trouble の意味を学ぼう


Give ~ trouble 「~を困らせる、~に迷惑をかける、~に手間をかける」という意味。目的語の~はたいてい人間ですが、主語(トラブルを起こしている側)は、「人間」、「動物」、「機械」、「規則」、「制度」など色々考えられます。

    The new system is giving me trouble.
    新しいシステムに手こずってます

Have trouble with は「難しく感じる」、「中々慣れない」「大変だと感じる」という意味で、目的語は「宿題」「仕事」「就職」など色々なレベルの難しい、大変な物に使えます。

    He was having trouble with his homework.
    彼は宿題で困っていました。

    I had a little trouble finding the place.
    場所を見つけるのに少し手間取りました

    He had no trouble finding a new job.
    彼にとって新しい仕事を見つけるのはあまり大変ではなかった

Have trouble with +体の部位 という表現で具合が悪い場所を表現できます。

    She has been having trouble with her knee.
    彼女は膝に不調があります

辞書の例文にはありませんが、have + 体の部位 + trouble という言い方もあります。

    I have stomach trouble.
    お腹の調子が悪い。

Make trouble は「騒動を起こす」「人に迷惑をかける」「ケンカを売る」などの使い方ができます。

    gangs looking to make trouble
    騒動を起こそうとする不良グループ

Get in trouble は「問題に巻き込まれる」という意味と、「問題を起こす」の両方の使い方ができます。問題を起こした側なのか、巻き込まれた側なのかは言明していません。

    He's always getting in trouble at school.
    彼はいつも学校で問題を起こしている

    She got into trouble with her credit cards.
    彼女はクレジットカードでトラブルに巻き込まれた

Be in trouble は「悪い状況になる」という意味です。会社、人間関係、個人の立場、など大きなものから小さなものまで使えます。

    When the new CEO arrived, the company was in trouble.
    新しいCEO(最高経営責任者)が就任した頃には会社は傾いていた



Be in trouble 


記事のタイトルの Am I in trouble? は この提議に関連します。
a situation that occurs if you do something wrong or break a rule and which will make someone angry or cause you to be punished
何か悪いことをした時やルールを破った時、誰かを怒らせたか、罰を与えられる状況
    Am I in trouble?
    僕/私はなにか悪いことした?

言っている人間と状況によって意味が大分変わってきます。子供が言っている場合は「僕は叱られるの?」という意味ですが、会社員が言っている場合は不正などで、「僕は逮捕されるの?」、ドーピングをしたスポーツ選手なら、「私は出場停止になるの?」という意味にもなります。

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...