2016年7月31日日曜日

Another を掘り下げよう ~ Would you like another cup of coffee?

コーヒーのおかわりはいかが?

「もう一つ」と言う意味の形容詞


Another という単語は「あと一つ」という意味の形容詞ですが、大きく三つの定義があります。

  1. もう一つ(追加)、さらなる
  2. 別の(前のものとは違う)
  3. もう一つ、あと一つ(既存のものに類似している、同等である)

いずれの意味でも「一つ」というのは共通しているので、名詞は必ず単数形でなければなりません。

日本語の辞書の定義はちょっとわかりにくいので、 Merriam-Webster Dictionary の another のページに沿ってご紹介します。例文も全て、同辞書のものです。




もう一つ(追加)、さらなる


one more in addition

おかわりをお勧めしたり、別な例を挙げる場合に使うことができます。

    Should we open another bottle of wine?
    ワインをもう一本開けましょうか?

    This is yet another example of government waste.
    さらなるの政府の無駄使いの一例です。

別の(前のものとは違う)


some other : different from the first or other one

最初のものとは違う別な物、人、時間なども another で表現できます。

    Please bring me another cup. This one is chipped.
    別のカップを持ってきて。これは欠けている。

    We'll discuss this again on another occasion.
    別な機会にこの件を話しあいましょう。

    That's another way of saying the same thing.
    それは同じことを別な言い方をしているだけ。

もう一つ、あと一つ(既存のものに類似している、同等である)


similar or equal to a particular person or thing

「同等ではあるけど、別なもの」と表現したい時にも another を使います。

    The city advertises itself as another Las Vegas.
    この街は「第二のラスベガス」であると宣伝している。

    We had dinner at another one of the city's many Italian restaurants.
    この街には沢山のイタリアン・レストランがありますが、また違うお店で夕食を頂きました。     

    The view is very different when it is seen from another angle.
    別な角度から見ると、ぜんぜん違う眺めになります。

この記事を書いた理由


かつて米軍のFEN(Far East Network 極東放送網、現在のAFN)で Paul Harvey のラジオ番組 The Rest of the Story が放送されていたました。独特な語り口と視点でニュース番組では語られない、ニュースの裏側の物語がとても興味深かったです。



最近NHKでアナザーストーリーズ 運命の分岐点 という番組の予告を観た時に、Harvey 氏の番組を思い出しました。

記事の最初を読んでいただければ、Another Stories というのは文法的にまちがっているので、私はかなりの違和感を抱きました。

Poetic license (詩的許容)というものがあって、英文でも完璧な文法でなくても許される場合があります。アメリカ合衆国憲法の序文の冒頭がいい例です:

    We the people of the United States, in order to form a more perfect union,
  われら合衆国の国民は、より完全な連邦を形成し、
日本語訳: 大人に負けるな

More perfect のように比較級と最上級を組み合わるのは文法的にな間違っています。私が通ったインターナショナル・スクールでの poetic license についての授業でこの序文が紹介されました。

先生は授業の最後に「だからと言って、あなた達が間違えた文法に poetic license が許されるわけではありません。」ときつくおっしゃいました。

Poetic license はネイティブスピーカーの中でも、優れた作家だけに許されるものです。

NHKの Another Stories というタイトルのせいで、英語を勉強している学生が間違った表現を覚えてしまったら困ります。

番組再編の時期に正しい英語のタイトルに変えていただければ嬉しいです。

Photo source: Kaboompics

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

2 件のコメント :

  1. >>More perfect のように比較級と最上級を組み合わるのは文法的にな間違っています

    perfectは意味的にはnon-gradableで最上級「的」ですが,原級だと思います。「最上級(superlative)」というのは形態論的な概念です。-est, most+の形を指します。

    返信削除
    返信
    1. 確かにこのperfect が最上級かどうかは諸説あります。私は学校の先生の考え方に賛成です。

      こちらのフォーラムで話題になってます:https://www.quora.com/U-S-Constitution-Is-the-phrase-a-more-perfect-union-grammatically-incorrect

      削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...