2016年1月6日水曜日

職場の新人研修で使えるイディオム ~ Let's get our hands dirty.

You'll get the hang of it.

最近、オンラインで気軽に学習できる udemy でお勉強しています。HTML5, Ruby on Railsなどのコンピューターの講座の他に、ギターのレッスンにも申し込みました(今、ギターが壊れていて、受講できていませんが)。授業の期限がないので、時間が空いたにゆっくりと学んでいます。

受講していてに気がついたのですが、多くの講師の方々が良く共通の使う表現があります。それらは、学校の授業の他に、会社の新人研修でもよく耳にする表現なので、外資系企業に働きたい方は知っておくといいでしょう。


jump right in 早速始めましょう


Jump right in はもともとプールに入る方法を表現するものでした。プールに設置したハシゴをゆっくり降りる人もいれば、飛び込む人もいます。職場の研修でも、いろいろ説明を受けるよりも、実際にやってみたほうが覚えられることもあります。実践しながらの指導を始めるときに Let's jump right in. といいます。

  Welcome to my writing class. I know you are excited to learn so let's jump right in.
  私のライティングクラスへようこそ。みなさんは学びたくてうずうずしていると思いますので、早速はじめましょう。

  I know that this looks difficult but you have to jump right in.
  君にはとても難しそうに見えるのはわかるけど、やってみるしかないよ。

  No time to explain. Let's jump right in.
  あまり説明する時間がないので、とにかく始めましょう。


get our hands dirty 実際にやってみましょう、実践しましょう


Get our hands dirty というのは「(犯罪に)手を染める」ということではありません。

作業によっては、手が汚れてしまうこともあります。「手を汚しましょう」というのは「実際にやってみましょう」と意味です。レクチャーの後に、実践をはじめるときによく使われます。

  Now that you know a little about knitting, let's get our hands dirty.
  編み物について少しご理解頂いたようですので、実際に編んで見ましょう。

  Enough explanations. Let's get our hands dirty.
  説明はこれまで!早速はじめよう。

  Now that you have learned the basics of HTML5, let's get our hands dirty.
  HTML5の基礎をご理解いただいところで、実際にコーディングしてみましょう。



monkey see monkey do 見よう見まね


Monkey see monkey do は「猿真似」というイディオムですが、研修現場では「模倣して覚える」という意味で、名詞として使われます。

  Today's training is mostly monkey see monkey do.
  今日の研修のほとんどは私の真似をして覚えていただきます。

  At first, it is monkey see monkey do, but you'll understand after a while.
  最初は見よう見まねですが、次第に理解できるようになります。

  I cannot learn by monkey see monkey do.
  私は見よう見まねで学ぶことが苦手です。


get the hang of it 次第に出来るようになる / 理解できる / 慣れる


Get the hang of it は日本の「習うより慣れよ」の考えに近いと思います。何度も作業の動作を繰り返している内に出来るようになる、という意味です。

もともと hang は、斧の刃が柄に収まってる具合を表現する言葉でした。人によってちょうどいい収まり方が違うので、長い間斧を使っている間に調整していけば、自分にちょうどいい hang になっていくのです。


  The procedure may look complicated but you'll get the hang of it in time.
  手順は複雑に見えるかもしれないけど、次第に出来るようになるよ。

  I cannot get the hang of the clutch.
  車のクラッチがうまく使えない。

  I finally got the hang of this computer program.
  やっとこのコンピュータのソフトに慣れた。

Info and image source; An Axe to Grind’: 10 Idioms and their Manly Origins


learn the ropes 手ほどきを受ける


Learn the ropes (手ほどきを受ける) の他に、show the ropes (手ほどきをする)、know the ropes (熟知している、経験を積んでいる) という表現があります。

Rope (ロープ)というのは帆船で使われる縄のことです。風の向きや強さによって帆をゆるめたり、下ろしたり、上げたりするには素早くロープを、緩める技術が重要になります。新米の水夫はまずロープの扱いから学ぶことから、仕事の指導をするときに使われるようになりました。

  My name is Andrea. I will show you the ropes during your orientation.
  私はアンドリアです。オリエンテーションの間、あなたの指導しします。

  I learned the ropes of the coffee business at my dad's cafe.
  コーヒービジネスの基本は父のカフェで学びました。

  Jason knows the ropes of computer technology.
  ジェイソンはコンピュータ技術の精通している。  

Source: Know Your Phrase: Know the Ropes



have my work cut out for me 自分の役割がわかりました


Have my work cut out for me を直訳すれば、「自分の仕事はもうすでに切り取られている」です。この表現は洋裁の表現で、大きな布を裁断されているようなイメージで、切り取られた布を製品として仕上げる責任がある人のセリフでしょう。

一般的には、「自分のやるべきことがはっきりしている」や、「私の役割がわかりました」という意味で使われます。

  When I opened up the copier, I saw what was wrong. I had my job cut out for me,
  コピー機を開いてみて、何が問題箇所かわかり、何をすればいいかわかった。

  The baby is very cranky. You have your job cut out for you.
  赤ちゃんがイライラしてるね。君は何すればいいかわかるよね。

大きな役割に就く人の言葉として使われることが多いですが、新人社員がこのように使うと好印象を与えるかもしれません。

  I have finished my two-week training at the lab. I have my work cut out for me.
  研究室での二週間の研修を終えました。私のこの部所での役割がわかりました。

ちょっと生意気に聞こえるかもしれませんが、若気の至りと許してもらえます。


Source; World Wide Words




いかがでしたでしょうか?職場で新人を指導する方、先生やインストラクターの方、新入社員など、いろいろな方に使っていただきたい表現をまとめてみました。

Using these phrases may be a little difficult at first. Jump right in, get your hands a little dirty and soon you will get the hang of it.


Top photo source: startupstockphotos.com


にほんブログ村 英語ブログ 英語ライティングへ
にほんブログ村

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...