2014年7月15日火曜日

ボーダー柄は必ずしもストライプではない! 

ボーダーとは「縁」という意味
ストライプ(左)とボーダー柄

最近ファッションサイトなどでストライプの事を「ボーダー柄」というのが気になっていました。ボーダー柄を英語に訳すと border print になりますが、border というのは「縁」(ふち)という意味です。服全体に縞模様があるのにどうして「ボーダー」というのだろう?と疑問でした。

以前「ジーンズ」のことを「デニム」と呼ばれるようになった時は「絶対に間違っている」と思いましたが、 調べたら正解でした。

「ボーダー柄」「Border Print」を検索してみました


今回の疑問もファッションに疎いわたしの勘違いと思っていましたが、そうではありませんでした。

まずわたしは "border print" と「ボーダー柄」をGoogle で画像検索してみました。

検索結果:

  ボーダー柄 (ストライプが主)


   Border Print (花柄が主)



ちなみに、Stripes を検索すると日本でいう「ボーダー柄」が出てきます。



英語のサイトでの説明


その後 "difference between border print and stripes" (ボーダー柄とストライプの違い)というキーワードで検索したら、Difference Between Border & Stripe in Fashion (ファッションにおけるボーダーとストライプの違い)というページにヒットしました。

このページではボーダー柄とストライプの違いについての質問に答えています。もしかしたら、日本人が寄せたものかもしれません。



結論はやはり上の画像検索から想像できた結果でした。ボーダー柄というのは洋服の縁(襟元、袖口、裾)にそって描かれた柄で、ストライプは全体的に繰り返されるも縞模様です。

「ボーダー柄」は和製英語


日本では「ボーダー柄」はストライプの同意語ですが、海外ではこの使い方は通じないかもしれません。

どうして「ボーダー柄」という言葉が「ストライプ」の同意語になったのだろうと考えてみました。これも「テンションが上がる」のように意味を誤解したことから始まったような気がします。

Wikipediaの記事にも「ただし、ボーダーとは横縞のことであるというのは誤解である」と書いてあります。

よくスポーツ選手のユニホームの袖口にくっきりとしたラインがデザインされていることがあります。それを border print というのですが、誰かが border というのは 「縁」のことではなく、その「ライン」のことだと勘違いして、ボーダー柄というのは新しい「ストライプ」の同意語だという結論に達したのかもしれません。


(プリントスター)Printstar 00191-BLP ベーシックラインポロシャツ 00191 731 ホワイト×ネイビー M
くっきりとしたラインがボーダーに引かれている


ありがちな勘違いです。そして、外国人には伝わらない新しい和製語です。

海外ではStripesと言いましょう


日本では「ボーダー柄」=「ストライプ柄」でOKですが、海外では通用しないと思います。海外ではちゃんと Stripes と言いましょう。

  I am looking for a striped T-shirt.
  ボーダー柄のTシャツを探しています。

  I like the red and white stripes on your shirt.
  あなたのシャツの赤と白のストライプが素敵です。

Screen shot and information from Difference Between Border & Stripe in Fashion


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...