2011年12月22日木曜日

未来予想図 ~ 未来完了形



今回は未来完了形です。未来完了形は「will + have + 過去分詞」でできています。未来完了形は未来のある時点で完了していることを表現するときに使います。

「え、それってどんなとき?」と思われるかもしれません。

将来的に完了している時点、未来の展望


未来完了では、「~年後には~しているだろう」というような表現ができます。たとえば、
1. By 2012, Harry will have graduated college.
2012年までには、ハリーは大学を卒業しているだろう。
次の未来形とはどう違うのでしょうか?
2. Harry will graduate college by 2012.
2012年までには、ハリーは大学を卒業します。
2.はハリーが2012年までに卒業するという「予定」を表現しいるのに比べて、1.は2012年にはハリーは卒業しているであろうという「予測」を表現しています。


未来完了形は将来のある時点にはすでに「完了しているであろう」、「成就しているであろう」、「終わっているであろう」という予測をしています。「未来予想図」なのです。ですから、未来の時間を表す表現が必ず必要です。
by 2025 2025年までには 
next week 来週には
before noon 昼前には
未来完了形のいろいろな表現を見てみましょう。
The children will have come home by then.
その頃までには子供たちは帰っているでしょう。

The building will have been completed before Christmas.
ビルはクリスマス前に完成しているだろう。

The package will have been delivered before noon.
小包は昼前には配達されるだろう。


未来のある時点での時間の経過


「未来のある時点での時間の経過」というとちょっとわかりにくいですね。未来のある時点に「どれだけ時間が経っている」か予測するということです。
In October, we will have been married for 5 years.
10月になると私たちは5年間結婚していたことになる。

At 9:00, he will have worked 24 hours straight.
9時になれば、彼は24時間ぶっ通しで働いていたことになる。

使う機会が少ない未来完了形。こういう時制があることを知っていただきたくてこの記事を書きました。未来の予想をする時に未来完了形を使ってやってください。

Photo by Irum Shahid

参考にしたページ: englishpage.com

にほんブログ村 英語ブログ 英語の日記へ
にほんブログ村

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...