2011年8月23日火曜日

Would, could, should + 現在完了系 ~
Regret を使わずに後悔を表す

I should have, could have.

助動詞 + 完了形で後悔を表現する


時には、日記に「後悔していること」や「反省していること」を書くことがあると思います。そういときは regret + 動名詞で表現できます。

  I regret buying this pink polka-dotted skirt.
  このピンクの水玉のスカートを買ったことを公開している。

  I regret ever falling in love with you.
  貴方と恋に落ちたことを後悔している。

これらのセンテンスの続きを書くときに頼りになるのが補助動詞+現在完了形です。いくつかある補助動詞の中でも、後悔を表す補助動詞三種の神器+完了形は

  should + 完了形 するべきたった
  would + 完了形 していただろう
  could + 完了形 できただろうた

です。これらの組み合わせるといろいろな反省の念を表現できます。


「~するべきだった」は should have ~


Should + 完了形は「~べきだった」という表現です。

  I shouldn't have quit my job. 
  仕事をやめるべきではなかった

  I should have married you.
  あなたと結婚するべきだった。


「~していただろう」は would have~


Would は条件が整っていれば、「~していただろう」という意味。センテンスには過去完了形のif 従属節で条件をつけたほうがいいでしょう。

  If you had asked, I would have helped you.
  あなたが頼めば、私は協力していただろう。

  I wouldn't have gone to the party if I had known he was coming.
  彼が来ると知っていれば、パーティへは行かなかっただろう


「~できただろう」は could have ~


Could は完了形と組み合わせると、「~できだはずだ」「~できたのに」という意味に変わります。(Could と動詞の原形の組み合わせについてはコチラをご覧ください。)

  We could have come pick you up. 
  私たちは君を迎えにいくことができのに。

  I couldn't have known about the delay.
  私は延期のことを知るよしはなかった


これらのセンテンスはすべて過去を振りかってみて、今感じたことや気づいたことを表現しています。

後悔している時だけではなく、反省してもっと前向きになろうと思うときにも使える表現です。

私の好きな格言は「反省するけど後悔しない」(アントニオ猪木)です。英語の訳すとこんなかんじでしょうか:

  I reflect but I do not regret.
  反省するけど後悔しない。
                      - Antonio Inoki

画像も作っちゃいました。



Should, could, would + 現在完了形でポジティブな反省文を書きましょう。

追記とおまけ: いつもは授業で教えた内容をもとにブログの記事を書いていますが、この記事をもとに授業をしました。その時のプリント(worksheet)の1ページ目をアップロードしたので、興味があるかたはご覧ください。生徒が「先生、今度のプリント、うまくできたね」と褒めてくれました。(8月27日)

補助動詞と完了形のプリント

photo1 by juliaf
photo2 source:依頼.com


にほんブログ村 英語ブログ 英語の日記へ
にほんブログ村

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...